裏同心ルンゼ

八ヶ岳・裏同心ルンゼ---裏同心が祭りと化す---(CSS)

F田

2014年12月7日(日)曇りのち晴れ
メンバー:A田、I(彷徨倶楽部)、K村、F田(比良雪稜会)
タイム:
堰堤4:45〜5:55赤岳鉱泉6:30〜7:30裏同心沢F1 9:00〜F3 10:35〜11:40赤岳鉱泉〜12:15〜堰堤13:15

 今シーズン初アイスクライミングがCSSで企画された。場所は、八ヶ岳・裏同心ルンゼ。自分に登れるのかとルートを調べる前に気温の確認。「マイナス10度て、吸ったら肺凍るんじゃね?」「3シーズン用のボロ天で、起きたら皆冷たくなってんじゃね?」と行く前から震える。ホッカイロは桐灰カイロを購入した。
 8時に守山駅を出発し、昼前に諏訪に到着して昼食とお買い物。空模様はどんよりと黒い雪雲。山麓に近づくにつれ路面の雪が目立ってくる。美濃戸口からの歩き決定。初日は赤岳鉱泉まで進む予定だったが、陽も傾き始め、堰堤前で幕営となった。雪にまみれ、沢で鉄分たっぷりの水を汲む。鍋の準備を始めると途端にテント内が温まる。恒例の自己紹介でそれぞれの過去にツッコミツッコマレ、宴たけなわで就寝。ホッカイロは背中をぬくぬくと燃やし続け、貼り付け過ぎでカチカチ山になりかける。流石、桐灰だ。
 2時半起床、4時半出発、赤岳鉱泉を目指す。鉱泉小屋に着くと既に多くの山人が準備を始め出発していく。トレースバッチリの跡を進むと、F1が見えてきた。カラフルなウエアーの人だかりが出来ている。ロープは3本垂らされ、それぞれに2パーティ程が順番待ち。これだけの人が登っているので氷面はボコボコだ。F2は3段の滝。F1を抜ければ渋滞もまびかれるかと思いきやここでも祭りが続いていた。三段目の滝に取り付くも、腕も気持ちもふにゃふにゃ。ぶら下がるも地獄、立ちこむも地獄。どうなってしまうんだろうオレ、と思いながらも、膝で乗っ越す。ぐにゃぐにゃになって三段目の滝を登り切ったところで、時間切れとなり撤退。懸垂でじゃんじゃん降りてあっという間にF1取り付きに着地した。撮影会を終えて赤岳鉱泉へと向かう。
 この頃になって青空が見え始め、振り返れば大同心、小同心が白く光っていた。
テントを撤収し、美濃戸へと進む。美濃戸に駐車している車が恨めしい。虚しく車に追い越されながら「ボクやったら、乗りますか?って絶対声かけるわっ!」と言うFさんであったが、「4駆買ってくれ。買ってから言うてくれ。」と駆逐される。夕焼けに淡く染まる八ヶ岳に見送られながら、一路滋賀へ走った。(記録 K村)

F1を攀る




頑張った鉄肝


時間切れで撤退


赤岳鉱泉のアイスキャンデー前にて


帰路途中の北沢にて


振り返ると大同心と小同心


F田、カメラを忘れるという大失態で
A田さん撮影の写真を使わせていただきました。

この日の大混雑は  こちらのブログ  に写真が載っています。




-

金毘羅

岩登り初めてのお二人も交えて金毘羅で練習

参加者
S宏、M井、H野、F田、M田、G阿弥、T田、Y井、N西奥様

Y懸尾根を登りながらロープワークの練習




舟に移動してTRを3本セットし




登攀、クライムダウン、ロアーダウン、懸垂下降、
確保時のロープ捌き、途中停止などを練習









参考動画








 

-

大菩薩嶺

2014年11月16日 大菩薩嶺&勝沼ワイナリー

大菩薩嶺、天候に恵まれ良かったです。富士山、南アルプスを常に見ながら、整備されたコースをゆったり歩くことができました。(I東)

大菩薩嶺にて























-

金毘羅

2014年11月16日 金毘羅
参加者 H野、S宏、M井、K村、N西夫妻、F田

Y懸尾根でマルチピッチのロープワークを練習


ツルベやコンテの練習も交えながら
舟に移動して、Wロープでのリードと懸垂下降の練習をした。

カラビナへのロープクリップと、懸垂下降の途中停止も練習。









-

奥多摩 鷹ノ巣山

《個人山行報告》 奥多摩/鷹ノ巣山(1,736m)

鷹ノ巣山頂上

日時  平成26年11月8日(土)天気 曇り
参加者 I東
行程  新宿6:33=(JR)=奥多摩=(バス)=8:45東日原 8:55出発-9:45稲村岩-11:30鷹ノ巣山-11:47水根山-12:45六つ石山分岐-14:10林道-15:00奥多摩駅

 東京での単身赴任生活を始めて1ヶ月が経過し、少し落ち着いてきたこともあり、ぶらりと奥多摩を歩いてきました。東京に来てからは、快適なジョギングコースが近くになく、スポーツクラブでマシンでのランニングと水泳でトレーニングを行ってきました。しかし、丸2ヶ月の間、山に入っていなかった者には、今回の標高差1400m、15Kmのコースはかなり厳しく、激しい筋肉痛で、久しぶりの山の余韻を味わっています。
 (報告 I東)

日原地区を出発、正面は稲村岩


日原川、紅葉が見ごろでした


鷹ノ巣山からの縦走


古風な造りの奥多摩駅


 さすが大都市近くの人気のエリアで、整備が行き届いたコースでした。紅葉は終盤で、次は新緑の頃が良いようですが、その前にまた来ようと思います。関東の山にも登りたい!と思われる方、一緒に行きましょう。







-

高島トレイル 愛発越〜水坂峠

《個人山行》 読図山行 高島トレイルテント泊(愛発越〜水坂峠)

11月5日(水)〜11月7日(金)
CLN西(公) SLS戸川 F川 M井 K林 N西(さ)

1日目・5日(水)晴れ時々曇り
近江今津集合8:03=国境BS9:20 高島トレイル登山口9:50―乗鞍北尾根
11:45ー乗鞍岳12:04−電波塔(昼食)芦原岳13:35−猿ヶ馬場14:30−
黒河峠15:05(泊)

 出発はなんとなくスキー場を登ったが上には登山口なし、大きく左に迂回して上に出て、トレイル登山口の看板に至った。トレイルは分水嶺と言う事を意識していればBSから少し右の尾根に取りつくべきか?芦原岳は敦賀湾、琵琶湖、赤坂山と360度の展望が開けている、全体にぶな林が素晴らしい。(F川)

2日目・6日(木) 曇りのち雨
起床5:00 黒河峠6:30−三国山7:55‐明王ノ禿8:37‐赤坂山9:15−寒風10:30−大谷山11:07‐石庭分岐11:20(昼食)‐抜土12:07(水汲み)‐近江坂14:07−大御影山15:00−テント場15:45(泊)

 朝のうちはあちこちで大パノラマを楽しめたものの、寒風あたりでガスの中、大御影山頂上手前から雨。予定より手前、大日尾根との中間点で幕営。雨中でのテント泊は貴重な体験でした。今回は素通りしましたが、明王ノ禿手前に「テント場としていいね!」(N西夫妻談)な場所がありました。(K林)

3日目・7日(金)曇りのち晴れ
起床4:30 出発6:35−大日尾根分岐7:30−三重嶽9:25−10:30水谷分れ−11:43武奈ヶ嶽北尾根−武奈ヶ嶽山頂12:35−水坂峠14:45−保坂BS15:25−JRバス乗車15:33 解散

 起床時からあまり寒くなく、ダウン服不要。昨夜の残りを雑炊にしてスタート。今日の行程は水場は無いが下山予定なのでザックもこれ迄で一番軽量。
昨夜の幕営地より40分ほどさきの大日尾根分岐下にテン場最適地あり。大日尾根はブナが大きく、木の形も風雪に耐えてきた有様に想像が掻き立てられる、3日間を通して、高島トレイル協議会発行の行程時間内に休憩・昼食を含め行動することができた。(M井)

一口感想

 「たかが高島トレイル;されど高島トレイル」か?。2倍に拡大コピーした、くちゃくちゃになった地形図のしわを伸ばしながら、改めて貴重な体験になった山行だったと、しみじみ想いを巡らしている。テン場の指定がない。何処でもどうぞ?は、一見、これは楽チンだと思ったが…。さにあらずということが、後で、直ぐわかった。晴れか雨か、風は、飲料水の確保は。幕営間距離は、メンバーの疲れは?。2テンならともかく、6テン幕営スペースとなると、それ相応の広さの適地を見つけるのは容易ではないのが、である。狭い中,12時間余、6人が過ごすのであるから、ベターではイマイチ、ベストでなければとの思いもある。1泊目、スペースはあるが、2か所のうちどちらがベストかで思いあぐねた。2泊目は下降道で降雨、傾斜もあれば木の根もある。加えて、山中の日没は早い。確か、30分程先に適地はあったと思われるが…確信は持てない。(翌朝、下山時にテン場はここで良かったか?と、意識しながら下ったが、あそこがベストだった。とリーダーと顔を会わせてニンマリとうなずく)。さて今回、一番面倒で厄介な食担を受け持ってもらい,60Lのリックを担ぎ、笑顔を絶やさない「さとこさま」。そして、彼女をして、「とてもとても楽しい、忘れ難い山行でした。残ったお餅は、大切に保管します。賞味期限までに、是非後半のテント泊に連れて行って下さい」と。少々のリップサービスが含まれているとしても、この一言が、3日間の高島トレイル・テント泊、38卅破の全てである。(S戸川)

 安曇川に越してきて3年、高島トレイルは日帰りでちょこちょこ歩いていますが、そこをあえてテント泊でという今回の企画に参加させていただきました。2泊3日の共同生活は、テントの立て方からご飯の炊き方、寝る位置と一つ一つの事をワイワイ相談しながら進めていきました。晩秋の空気が漂う静かな稜線を6人でてくてくと歩いていると、ふと今が永遠のように感じる不思議な感覚でした。個人の山歩きは自己完結の世界ですが、パーティーでの山行は、一人一人が出来ることを出し合い、皆の個性を融合し、ひとつの作品を作り上げていくような貴重な体験でした。年齢を超え共有の時を楽しむことが出来るのもテント泊の醍醐味だなと感じました。山をそして今を楽しむことを皆さまから教えていただきました。ありがとうございます。(N西さ)

----総括---
 今回の読図山行は高島トレイル起点の愛発越から水坂峠までの38kmを2泊3日で縦走するという企画であり、課題は「行程管理」。全行程を安全、快適に歩くために各自で全行程を把握し日々の行程を設計し、状況に応じて柔軟に対応していこうというものである。
 高島トレイルにはテント指定地といわれるところはなく、各自適地を定めなければいけない。一般的には水場がある黒河峠、抜土もしくは近江坂分岐より10分ほど下った林道あたりである。1泊目は出発時間の都合上、黒河峠が無難であろうと思われる。2泊目を抜土にすると3日目の行程がかなり長くなる。最終日を明るいうちに到着するためには抜土で水を補充して歩荷する方が良いが翌日の分を含めてどれくらい必要であるかも検討しなくてはいけない。またどのあたりがテントの設置に適しているかも不明である。参加者6名の足並みは以前にも山行を共にしておりほぼコースタイム通りではないかと思われる。ただ普段よりも重い荷物での三日間での歩行ではあるので何らかのアクシデントが生ずる可能性もあり得る。天候は1日目が良好であるが2日目以降は太平洋を通過する台風の影響で多少荒れるかもしれない。共同食は1,2日目の夕食と2日目の朝食、テントは会の6テン、以上の情報をもとに参加者各自がポイントごとのコースタイムを計算して計画を練り、行動食の準備を行う。
 山行の1泊目は予定通り黒河峠の林道上で幕営。水場・トイレありの快適な環境である。テントの設営に少々手間取る。やはり事前に一度組み立てておくべきであった。ここで関電の作業員の方と出会った後は下山するまで誰にも出会うことがなかった。
 2日目は6時半出発、少しでも先に進み3日目に備えようとの全員の意見が一致、抜土では10リットル以上の水を各容器に補充、分担して先に進むが、午後から降り出した雨が大御影山頂を過ぎると雨足が急に強くなる。テント適地と目星をつけていた大日尾根下のブナ林までたどり着けず、山頂より若干下った緩斜面にテント設営、落ち葉で快適と思われた下地は木の根があり力ずくで引っこ抜く。抜ききれなかった木の根はテント下に銀マットを入れて急場をしのぐ。
 3日目も6時半出発風が強く気温も低め、天候は徐々に回復して日も差し込み気温も上がる。下山口には3時前に到着、予定通りであった。
 今回の山行において参加者各自がコースタイムと現在地を把握して行動できたことが第一の成果である。互いの性格や体力等を知りあっていたこともプラス要因である。
若干の風雨には遭遇したがおおむね予定通り行動できたのは幸いである。
 ただし予定通りにはいかない事も山行ではしばしば生じる。そのような危急時での対応も行えるよう日頃より訓練し、計画しておくことも大切であろう。
N西公洋





















-

金毘羅

早朝7時に駐車場でA君と待ち合わせ
ホワイトチムニーに向かい
とりあえずチムニールートを攀る。


A君 初心者なのにオレより巧い・・


TRで右ハングルートにトライするも直ぐに撃沈、
歯が立たない。

ビビリフェースに移動してTRで練習。


で、昼頃下山。

下山途中に立ち寄ったホワイトチムニーは盛況


ビビリも慣れてきたので
次回は 舟〜北壁右上〜ビビリ と継続してみよう。

人の少ない早朝から攀り、昼頃には下山
年寄り半日仕事で充分愉しめた。






 

-

雪野山

好天の週末だったが風邪気味なので泊山行はやめて
日帰りで雪野山のMエリアへ出かけた。


駐車場所から20分、Mエリア到着。まずはスラブで練習。




半年前に来た時には無かった支点4つ


スラブの右端




右端を右から撮影


モカシム オンサイト 筆降ろし


高さはないが練習になるクラック


オレより巧い・・


早めに昼食 太巻きと茗荷の甘酢漬け


カレー鍋 涼しくなってくると鍋が美味い




裏側のフェイスも少し練習


フェイス左のカンテ


初めて飲んだ梨汁 「みぞれ梨」


明日も金毘羅に行く予定なので
早めの13時に撤収下山。

予想通り誰もいない貸切で
のんびりと良い練習が出来た。
(F田 K村)








 

-

下ノ廊下

黒部川 下ノ廊下 行  O野 豊

10/09 大津=立山P=室堂〜一ノ越〜東一ノ越〜たんぼ平経由
〜ロッジくろよん テン場(幕営)
10/10   幕営地〜黒四ダム〜内蔵助谷出合〜黒部別山谷出合〜白竜峡〜十字峡
〜半月峡〜S字峡〜東谷〜仙人ダム〜阿曽原温泉小屋 (幕営)
10/11   幕営地〜大太鼓〜志合谷出合〜欅平=立山=帰滋

この室堂からのコースは丸三日かけて約35匐と相当長い距離を歩くため、幕営装備はツエルトにフライ付で担荷重量の軽減を図った。台風19号の影響をうけないよう1日前倒しの単独山行計画をたて、毎度のことながら前日に関係者宛山行計画書の発信を済ませる。

10/09 室堂から観ると2500m以上はガスの中。一日目は250mの登りの後1215m下る。一ノ越から東一ノ越へ下り、たんぼ平から黒部平を歩きテン場へ。立山東面の2000〜2500mくらいの“たんぼ平”周辺がちょうど紅葉の見頃だった。40年前、剱の帰りに仙人池ヒュッテから、今で言う“雲切り新道”を下り仙人ダムから旧日電歩道に合流し欅平まで歩いたことがある。
       
たんぼ平からの竜王岳


丸山東壁


先行する登山者


10/10 コース的には内蔵助谷出合から白竜峡あたりまで相当長い時間緊張を強いられる。新越沢のスノーブロックは十数メートルの垂直に近い丸太梯子の迂回路で高巻き、そこそこのアップダウンも加わり、黒部別山谷出合からの連続する岩切り道は常に滑りやすい。ヘルメットを被ってはいるが、下を見れば頭上がおろそかになり、上を気にすれば足下が不安になりと全く気が抜けない。雨後は相当辛く、かなりハイレベルなコースになるに違いない。セルフをとりながらの写真撮影の中、先行する齢80になる札幌から来た山の大先輩は、見事なる足の運びで山歩きのお手本を見せてくれる。白竜峡から先は岸壁を穿った登山道とは少し違い、十字峡まで来ると正直ホッと一息つける。東谷吊り橋を渡り仙人ダムから左岸に渡り返し高熱隧道を抜け、急登・檄下りして阿曽原温泉小屋着。ここは、台風の影響を避けて前倒しした登山者と仙人方面から来た登山者で小屋の宿泊者もテント場も超満員。
      
丸太桟道と黒部川


十字峡


作廊谷手前の旧日電歩道

                
10/11 04: 00頃から真っ暗な中をヘッドランプの明かりを頼りに出発する登山者。小生もツエルトをたたみ簡単な朝食を済ませ出発。すばらしい景観の大太鼓を過ぎ、志合谷出合の沢下を掘ったトンネルを潜る。ここを、以前歩いた時より長く感じたのは寄る齢波のせいか? また、ここまで丁寧に番線・梯子・丸太桟道等は無く、かなり厳しい山行を強いられた気がするが・・・。
       
大太鼓


志合谷出合のトンネル


奥鐘山西壁


『単独行は下山まですべて自分一人で解決しなければならないのが大前提。“今ここで事故ったらどう対処する?”を常に頭の片隅に置き、自分の持っている体力と技術と知識が試される、一種贅沢な登山行為。』
自然の奥深い山懐から、にわかに欅平から聞こえるアナウンスと観光客の話声を聞いた時、改めて単独行の原点を実感させられた気がする。そして、ぐう〜たらなおっさんは、欅平を見下ろす蜆沢の最後の激下りに参ってしまった。







-

白山

白山2014秋
2014.10.5 Sunday 個人山行 S豊三郎


天候 小雨
行程 大津2:00−市ノ瀬6:00/6:40−(シャトルバス)−別当出合6:50/7:30〜(砂防新道)〜甚之助避難小屋9:30〜別当出合−市ノ瀬13:40−帰滋

紅葉を見に白山に出かけました。
台風18号が直撃しそうだった5日の午前中は小雨予報、登頂はあきらめ気分で出発する。
市ノ瀬初のシャトルバスに乗る、始発は出た後だったので乗客は5名程。こんな天気でもやってくる人がいるので少し安心する。
別当出合の紅葉は少し黄色い程度、吊橋を渡って砂防新道を登る。別山側の尾根をみあげるとけっこう紅葉している。時々色づいた木々の写真を撮りながら登っていく。甚之助避難小屋で早い昼食と思って小屋のなかをのぞいてみると下山する人たちで満員の状態だった、しかたなく外のベンチで昼食とした。小屋から少し登ってみたがすぐに雲の中に入ってしまったので登頂を諦めて下山した。
今日は甚之助避難小屋がある標高1900m付近が見頃でした。






















-