武奈ヶ岳

個人山行報告》武奈ヶ岳


日程:2015年10月31日(土)晴れ
参加者:M井、H池、T中啓、G阿弥
行程:和邇(7:00)=イン谷口(7:45)大山口〜青ガレ〜金糞峠(9:30)〜八雲ヶ原〜武奈ヶ岳(11:30)昼食(13:00)〜コヤマノ岳〜金糞峠〜イン谷口(16:00)=和邇

 「武奈ヶ岳の紅葉きれいだったよ」と聞いて、急に行きたくなり山行を計画することになりました。最近は、坊村からのルートばかりだったので、今回は、正面谷からの道を覚えようと、行き帰り交代で、私と田中さんに先頭を歩かせていただきました。そしてもう一つ!「グレートトラバース 日本二百名山一筆書き踏破」の田中陽希さんがこの日に武奈ヶ岳に登る予定になっていたので、山頂で豚汁を食べながら待ってみようというお楽しみもありました。前日に今津に宿泊されている情報があったので、行きは、どのルートで登頂されるかと、最短の八淵の滝からか?正面谷から登って権現山まで縦走して下山されるか?いろいろなコース案が出て、ルートの推理を楽しみながらの登りでした。豚汁で温まりながら待っていたかいがあり、田中陽希さんの登頂を見ることが出来ました。
 残念ながら山頂の紅葉は終わっていましたが、青ガレからの紅葉と琵琶湖のコントラストは最高でした。(G阿弥)







-

比良・コヤマノ岳の紅葉

個人山行報告 『比良・コヤマノ岳の紅葉』 


日時  2015年10月16日(金)
コース イン谷口(8:05)〜カラ岳(10:25)〜八雲が原(11:03)〜コヤマノ岳(11:50)〜中峠(12:23)〜金糞峠(13:14)〜大山口(14:41)

コヤマノ岳は比良第2位の高峰であり魅力あふれる山である。山頂は自然林に覆われ秋色に彩られていました。(H島)














-

紅葉の涸沢



人手が多くて敬遠していた涸沢の紅葉見物に
土日を利用して出かけた。
この時期の涸沢のテン場の大混雑は避け
徳沢の広々とした草地に幕営し
翌朝、涸沢に出かけて紅葉を堪能、
噂通りの見事な紅葉だった。
帰路はパノラマコースから絶景展望を愉しんだ。
週末しか山に行けない方には、この作戦、お薦めです。

10/3(土)
堅田発0600=1220上高地〜梓川右岸〜明神〜1500徳沢(幕)

10/4(日)
徳沢0400〜0800涸沢0900〜パノラマコース〜1130奥又白出合〜1210徳沢(幕撤収)1300〜1410上高地バスT1430=アカンダナP=夕食=帰宅2030

横尾谷


錦繍の屏風岩



スライドショー132枚(撮影F田)





-

裏剱

<個人山行報告> 裏剱〜立山 展望山行
    
日時  平成27年9月19日(土)〜23日(水)
参加者 3名:N尾・S戸川・N野
19日  22:30大津出発〜今津〜(20日)敦賀IC〜立山IC〜立山駅付近の駐車場
20日  宇奈月(トロッコ電車)〜欅平9:50〜水平歩道〜阿曽原温泉小屋15:50(泊)
21日  5:20発〜仙人谷ダム〜雲切新道〜仙人温泉小屋〜仙人池ヒュッテ13:45(泊)
22日  6:00発〜池の平往復〜真砂沢ロッジ〜剱沢雪渓〜剱澤小屋14:15(泊)
23日  5:45発〜立山縦走〜室堂12:55〜立山〜富山IC〜大津21:20帰着

シルバーウイークは好天気に恵まれ裏剱と立山からの展望を楽しんで来ました。

20日 当初考えた下の廊下が残雪でまだ通行不可なので欅平から入山して阿曽原温泉小屋へ。 野天風呂につかり小屋ではビデオでコースの概要を学習できました。   

21日  雲切新道は梯子やロープが連続する急登でした。仙人温泉小屋手前の雪渓が翌22日に崩れて通行止めになったとあとで聞きました。我々は本当に運が良かったです。

22日 仙人池ヒュッテ前の仙人池からの剱岳八ツ峰の絶景はやはり素晴らしかったです。今回の目的の一つであり見たかった景色でした。三の窓雪渓も登山道からよく見えました。剱沢雪渓はまだかなり上部まで雪渓が残っており、周辺では紅葉が進んでいました。

23日 剱澤小屋はシャワーも使えて快適でした。立山縦走路から黒部湖を眺めて6年前に単独で歩いた読売新道から裏銀座への山行を思い出しました。今回勝手な個人山行にご一緒頂いたお二人には感謝いたします。天候と幸運にもですね。(N尾) 

一口感想                          
 裏剱展望山行に参加して、4日間共に天候に恵まれて最高の山行でした。 1日目の欅平から阿曽原温泉小屋までの水平歩道は緊張の連続で非常に疲れました。 2日目の雲切新道の4時間の急登では少しバテました。 3日目の仙人池ヒュッテからの剱岳に朝日が当る光景は今でも目に焼付いています。 3時間の剱沢雪渓の登りでは初めてアイゼンを使いました。 4日目はコースを変更して別山から真砂岳を経由して立山を縦走して室堂に降りました。 N尾さんとS戸川さんの健脚ぶりには驚かされましたが、私も何とか付いて行くことが出来て記憶に残る山行になりました。(N野)
    
一口感想
 山行がゴーかストップか。1〜2日前から、台風20号の動きから目が離せなかった。本州を避け右に折れたコースをとれば迷わず出発である。うまい具合に北上。そして立山、黒部の週間予報は、4〜5日間は赤の太陽マークがつながっていて文句なし。
 初日、終点の欅平で下車。今日は、絶壁に伸びる水平歩道を約5時間歩くことになるが、その前にまずは、展望台までの急坂を登り切らねばならない。その途中、事もあろうにズボン右足の膝上が15センチ程、パクーと口を開けた。エエッ。勿論、替えズボンは無し。引っ掛けたわけでもなく、よりによってこんなところで繊維疲労か?登山シューズの口パカは、鹿島槍で懲りている。リーダーは、一層のこと左足のズボンもカットすればと言う。山ガールの色香漂うショートパンツなら歓迎されるが、老臭を巻き散らすのは、迷惑千万だろう。ともかく、粘着テープで表裏を接着。が、果たしてこの先、4日間持ちこたえてくれるか?
 昼間は野猿が勝手に入っていそうな、野趣豊かな野天風呂に浸かった阿曽原温泉小屋を後にして、仙人池ヒュッテに向かう。途中、仙人谷雪渓が大きく崩落して、前日午前中は、通行止めだった所も今日は運よく通過出来た。と言うのも、仙人池ヒュッテで同宿し、分かれて欅平へ下るはずの九州人が、翌日、我々の泊まった剱沢小屋に居るではないか。聞けば、我々が通過後、再度崩落し、通行止めとなって、止む無く舞い戻ったとの由。我々も、1日早かっても、また遅かってもアウトだったかも知れない。ツイテいる、誠にラッキーとしか言いようがない。通れなければ、阿曽原小屋で連泊し開通を待つか、折角1,000mも登って来た雲切新道を泣き泣き下山し、トロッコ列車にまた乗って、ご帰還するかどちらかである。
 さて、一夜明けの早朝一番、ヒュッテ前で小屋の主人は、「お客さんこんなにスッキリと晴れた日は少ないで」と言う。紅葉の始まったすそ野に、早朝の朝日に赤く燃える八ツ峰の勇姿が見え、それがすぐ前の仙人池にも逆に映る。そして、早くからそこに陣取っていた、にわかカメラマンが、一斉にシャッターを押した。どうやら今日も良い山行が楽しめそうだ。
 築7〜8年か。水洗トイレ。風呂代わりにシャワー。夕食はステーキが出た。今回泊まった小屋の中でも、ぶっちぎりで快適だったその剱沢小屋を朝食後出発。そして、折角来たのだからと予定を変更。欲張って、別山、真砂岳、富士ノ折立、大汝山、雄山を時計回りにピークハントし、観光客で賑わう室堂に、予定通り無事到着した。また、大汝山から眼下に先月夏合宿で訪れた赤牛、黒四ダムが。雄山からは、赤屋根の五色ケ原山荘が鮮明に見えた。猛暑の夏が去り、いよいよ錦秋到来である。(S戸川)




























-

飯豊山

ダイクラ尾根


日程 2015年9月18日(金)〜22日(火) 参加者 I村他5名
行程 18日 志賀駅6時=米原駅8時=北陸及び日本海東北自動車道=飯豊梅花皮荘16時
19日 7:35飯豊梅花皮荘〜7:45飯豊山荘P〜9:50湯沢峰〜12:35梶川峰〜13:30扇の地紙〜14:00門内小屋
20日 6:35門内小屋〜7:35北股岳〜8:00梅花皮小屋〜9:10烏帽子岳〜12:00御西小屋着(昼食休憩)13:00発〜14:00大日岳〜14:45御西小屋
21日 6:00御西小屋〜7:20飯豊山〜(ダイグラ尾根)〜9:25岩稜〜13:00休場の峰〜15:30桧山沢吊橋〜16:40飯豊山荘
22日 9:00飯豊山荘=18:00彦根駅=19:30志賀駅(帰宅)

 初日雨の中を石転び沢と世界の滝の梅花皮滝を遠望しながらのかなり急登の梶川尾根を門内避難小屋まで行く。定員30名のところ2倍以上は入っていたであろう。雨具等を室内に干すものですから一層狭く感じた。夕食は4時頃から持参のお酒を飲みながら、野菜炒めとスパゲティである。缶ビール700円小屋使用料1500円である。
 2日目朝になると夜中の風と雨が弱まり、門内小屋から途中天狗の庭辺りにくると、始まったばかりの稜線の紅葉も鮮やかに見えてきた。御西小屋着くとすでに定員25人のところ60人近くいただろう。門内小屋以上の混雑である。使用料2000円払ったものの管理人が気を使ってくれて4人用テント2張貸してくれた。使用料は一人500円になりテント持参なしで翌朝の撤収もなしで大変ラッキーであった。昼からは快晴状態で連峰の最高峰の大日岳(2128m)までピストンした。夕食は豚汁と白ご飯と缶ビール800円で乾杯。夕日が大変綺麗であった。テントの中は少し寒く感じた。
 3日目は快晴の中、飯盛山(2105m)に登り、磐梯山や吾妻山、朝日連峰、月山が見渡せた。いよいよ標高差1700mのダイグラ尾根の下りである。ノコギリの歯のような尾根で、片側が切れ落ちたところの急斜面で草やガレ場で滑れば大怪我である。鎖も梯子もロープもない緊張の連続で大変疲れる。10時間かけて標高403m飯豊山荘に着いた。読売新道の下り以上にハードなコースである。
 東北のスケールの大きさをゆっくりと味わった。機会があればもう一度登りたい。
次回は、石転び雪渓を登り、飯豊山の固有種であるイイデリンドウを是非見たい。I村


飯豊山頂と大日岳(後)






-

明神主稜

<個人山行報告>
明神主稜〜前穂高岳(3090m)

明神主稜

日程 2015年9月19日(土)〜22日(火)  天候 晴れ
参加者 F田、K嶋、K村
9/19 19:30堅田=竜王IC=飛騨清見IC=24:00平湯(幕)
9/20 7:00平湯=上高地7:30〜南西尾根取付8:40〜5峰台地12:40(幕)
9/21 5峰台地5:40〜9:30明神岳(2931m)〜12:00前穂高岳〜15:30岳沢小屋(幕)
9/22 岳沢小屋6:20〜8:00岳沢登山口〜嘉門次小屋〜上高地10:30=平湯の森=帰滋

 南西尾根取付から幕営予定地まで標高差約900mの急登を、幕営道具と食料や二日分の水を担いで、穂高連峰を眺めながら時間をかけて登る。幕営地の5峰台地に昼過ぎに到着後、午睡も交えて早めの夕食を摂り、夕暮時に雲海拡がる落日の絶景を愉しんだ。
 二日目は、難路の明神岳主稜の縦走で、要所の懸垂下降も慎重にこなし、明神岳(2931m)を経て、前穂高岳に到着。山頂で記念撮影後、紅葉し始めた重太郎新道を下り、岳沢小屋で幕営。
 下山日は時間に余裕があったので、明神の穂高神社奥宮に立ち寄って参拝し、お札やお守りを、嘉門次小屋でも手ぬぐいを購入した。明神館前からは、昨日歩いた明神主稜を仰ぎ見て感無量、達成感に満足しながら上高地まで戻った。
 明神主稜は、西穂〜奥穂の縦走路に比べて人が少なく、梓川や上高地、穂高連峰や焼岳、乗鞍、霞沢、南ア、八ヶ岳、富士山まで俯瞰でき、今回も自称展望男は大満足。K嶋さんと二人で撮った写真は600枚を越えた。(F田)

 三日間好天気に恵まれ、素晴らしい景色を楽しむ事が出来、最高でした。また、あの難路を歩けたのは自信になりました。ただ、一日目で右足から始まり最後には両足、両手が痙攣を起こしご迷惑をお掛けしてしまいました。なんとか翌日は計画中止する事無く、歩きとおせましたが、担当していたテントも持って頂き、自分の中ではそれが今回の不満なところとなりました。でもリーダー、これに懲りずに次回もお誘い下さいヨ!!(K嶋)

 穂高連峰に囲まれた台地は、星鴉の囀りだけが聞こえた。一組のつがいが、5峰を背に飛んでいた。(K村)

9/20
南西尾根を登る


眼下に上高地


5峰台地のテン場


奥穂高岳 ジャンダルム


左から徳本峠、霞沢岳、御嶽、乗鞍、焼岳




落日白山


9/21
5峰へ


5峰ピークから 奥穂、3峰、4峰


明神東稜と常念岳遠望


4峰ピークから3峰方面


左から
西穂、間ノ岳、天狗、ジャンダルム、ロバの耳、奥穂


2峰懸垂1回目


2回目


明神主峰へ




最後の懸垂下降


奥又白側


主稜線を振り返る


前穂高山頂(3090m)にて


重太郎新道を下る


紅葉し始めた重太郎新道から明神主稜を仰ぐ


9/22
岳沢小屋テラスから


朝日にあたる穂高連峰


明神橋から5峰と2263峰(左)




明神主稜グラフ





F田写真




K嶋写真






-

早池峰山・岩手山・栗駒山

<個人山行報告> 早池峰山・岩手山・栗駒山

日程:2015年9月18日(金)〜23日(水)
参加者:O村夫妻、H池夫妻、T中(啓)、G阿弥

行程:
18日 岩手県北上ビジネスホテル各自集合
19日 北上(5:20)=小田越登山口(7:35)〜早池峰山山頂(9:50)
[昼食]〜小田越(13:20)=岩手山焼走り国際交流村(泊)
20日 交流村(5:30)=馬返し登山口(6:25)〜2.5合目〜新道〜8合目避難小屋(10:10)〜岩手山山頂(11:40)[昼食](12:20)〜平笠不動避難小屋(13:00)〜ツルハシ分れ〜焼走り登山口(16:20)〜交流村(泊)
21日 移動日(遠野観光)=須川温泉(泊)
22日 登山口(8:30)〜苔花台(8:54)〜昭和湖(9:25)〜天狗平
(10:20)〜須川岳山頂(11:00)[昼食](11:20)〜産沼〜苔花台
(13:05)〜登山口(13:30)=仙台
23日 立石寺観光(観光後解散)各自帰滋

早池峰山


前日の雨で正面コ−スを小田越えピストンに変更しました。駐車場から登山口まで林道歩きと覚悟していましたが、地元の人の車と一緒になり登山口まで車で入れ一時間強の短縮になり、これぞ一期一会の出会いと感謝せずにはいられませんでした。早池峰山はガスがかかり登山口しか見えず雲の中でしたが、二合目辺りから太陽も顔を出し緑や赤や黄色の紅葉のコントラストが素晴らしく振り返ると向かいの薬師岳が雲の間から現れまことに幻想的な景色でした。感激の声の姦しい事でしたが、これ以上に見事な紅葉が後日見れるとは知る由もない私達でした。(O村智)

岩手山


宿泊先の「焼走りいこいの森」から馬返し登山口までタクシーで30分。運転手さんが満員の駐車場に驚かれたぐらい大勢の人でした。
登り始めは曇り空でしたが八合目小屋付近から雲が流れ青空がのぞき、雄大な少し色づいた岩手山が現れ胸打たれました。
また、溢れ出ている水の味は最高でした。お釜の周りを通り頂上へ。昨年の御嶽山のことを考えるとチョット恐かったです。
下りは焼走りコース。「焼走り」って想像すると恐ろしい名前ですが、コマクサがほんの少し咲いていて、私たちを待っててくれたように思えました。「南部片富士」の名で知られる美しい姿のお山に登れたことに感謝です。(T中啓)

栗駒山


標高1115m須川温泉から、栗駒山を目指しました。温泉の湯気が立ち上る川に沿って、登り始めます。山全体が這松の緑と黄色と赤、一登りして顔を上げるごとに赤が鮮やかになっていき、「観光ポスターそのもの」。自分がその場へ行って、実物を見ているのが、スゴイ。頂上からは、メインルートの宮城県イワカガミ平からの道が見え、ゾクゾクと登ってこられます。
静かな道を周回して須川温泉に下山しました。駐車場を挟んで、岩手県側に須川温泉、秋田県側に栗駒山荘と2軒の温泉があります。温泉がそんなに好きではない私が、「いいお湯。」と思いました。(H池) 









-

岳沢を囲む山を歩いて  

明神岳〜前穂高岳〜奥穂高岳〜ジャンダルム〜西穂高岳


ジャンダルム

明神岳。上高地を訪れる多くの人々が惹きつけられる峻嶺。
登山道はない。懸垂下降があるが登りではロープを出さずに歩けると知り、9月13〜15日、河童橋から見上げる峰々を堪能してきた。(N西公洋、さとこ)

明神岳から奥穂高岳の間には山小屋も水場も無い。初日は2日分の水を担ぎビバークとなる。50mのシングルロープ、登攀道具も必要。登山道を歩くテント泊の時より重い荷物を担いでの岩稜歩きは自分の年を実感し、それでもまだ無限に広がる山の世界の一端に触れることが出来るのがうれしかった。
そして、怖さ危うさを感じた。
12日と13日、奥穂高岳〜西穂高岳で滑落事故が起きた。
15日、私達はこのルートを通り、今こうして日常に戻っている。事故で亡くなった方々と私達とどう違うのか考えてしまう。
圧倒される風景の中、落ちたら最期と緊張しながらの一歩一歩は、表現出来ないくらい充実に満ちた瞬間である。
その中で、ふとした気の緩み、判断の違い、外的要因などで取り返しのつかない事が起こってしまう。誰もが山の怖さを知識として感じているが自分には起らないと無意識に思っている。
岩稜歩きは下りがより難しい。特に重荷の場合バランスを崩しやすい。日帰りの装備で歩くのとは感覚が異なる。落石も怖い。実際、鎖のある岩場の下りで妻が落石を受けた。幸い小石だったが避けようもなくヘルメットにバラバラと石が当たっていた。
今回歩く中、自分は大丈夫という過信は出来ないと感じた。山とそして自分と向き合えた三日間だった。山を感じ自分に合うバリエーションをこれからも楽しんでいこうと思った。

・行程
9/13 霧強風時々小雨
上高地7:30〜12:00明神岳5峰台地幕営
9/14 晴れ
5峰台地5:30〜9:30明神岳主峰〜12:30前穂高岳13:30〜15:30奥穂高岳〜16:00穂高岳山荘幕営
9/15 晴れ
穂高岳山荘5:00〜5:30奥穂高岳〜6:30ジャンダルム〜11:30西穂高岳12:00〜13:30西穂山荘14:00〜15:30上高地

・食事
13日 朝、菓子パン 夜、アルファ米、みそ汁、魚肉ソーセージ、チーズ、ピーナツ
14日 朝、菓子パン、マーガリン入りロールパン 夜、棒ラーメン(わかめ、もち)
     カップヌードルトムヤムリゾット、魚肉ソーセージ
15日 朝、クロワッサン、ラスク

5峰台地にて幕営、風強し


明神2峰にて懸垂下降


4峰より3峰、2峰、主峰


明神岳主峰を振り返る


ジャンダルム







-

新表銀座縦走

《個人山行報告》
新表銀座縦走(燕岳・大天井岳・常念岳・蝶ヶ岳)

蝶ヶ岳にて

日時:2015年9月3日〜5日
天気:雨のち曇り
参加者:G阿弥 夫・妻
行程:1日目(前夜)自宅=安曇野SA(仮眠)=穂高駐車場(バス)=中房温泉(7:50)−燕山荘(12:40)−大天荘(16:10)泊
2日目大天荘ー大天井岳(6:20)−常念岳(10:40)−蝶槍(14:20)−蝶ヶ岳ヒュッテ(15:20)泊
3日目蝶ヶ岳ヒュッテ(6:30)−蝶ヶ岳(6:55)−長塀山(7:50)−徳沢(10:00)−上高地バスセンター(12:00)=穂高駅(14:40)=自宅

 常念・蝶ヶ岳からの槍ヶ岳の眺めが最高だよっていう話を聞いて、一度は行ってみたいと思っていました。今回念願かなっての山行でしたが、初日は雨、2日目は大天井岳の山頂時だけ晴れましたが、槍ヶ岳だけ雲がしっかり。常念岳も雲の中。今回は、縦走を楽しむだけかと諦めかけましたが、最終日は、朝から快晴!!蝶ヶ岳からの日の出を楽しみ、振り返ると朝日に照らされた槍ヶ岳と穂高連邦が!本当に素晴らしい景色でした。






-

剱岳 早月尾根

お盆休みの4日間、
北アの天気予報は前半2日間は雨模様。
当初、八ツ峰に行く予定だったが中止にして
後半の晴天を期待して早月尾根から剱山頂を目指すことにした。
(参加者 F田 記録撮影、H野、K村)

山頂付近から早月尾根を見下ろす


8/14
1000大津発=北陸道=立山IC=上市マックスバリューでお買物=1530馬場島

8/15
0430馬場島出発〜1030早月小屋(幕営)

8/16
0415小屋出発〜0730剱岳山頂0815〜1030早月小屋1130〜1530馬場島、入浴=帰滋2200


8/14 馬場島野営場にて幕営(無料)


8/15 未明に出発
早月尾根の立山杉


猫又山、東芦見尾根 →2年前の山行


奥大日岳


この看板からがキツイ


最後の激登りを喘登して小屋に到着し


幕営


8/16 0415に出発
小窓尾根のシルエット越しに白馬岳




尾根上部を仰ぎ見る


左奥から毛勝三山、北方稜線、小窓尾根、剱尾根下半


尾根上部は岩稜帯


左から立山三山、剱御前、室堂、薬師遠望


尾根にも朝日が当たり始める


小窓尾根、剱尾根


晴天快感


山頂を仰ぎ見る


尾根上部の鎖場


岩場の日陰に咲く可憐なクモマグサ


慎重に


落石注意


山頂直下の悪場


別山尾根との分岐道標


登頂して記念撮影


山頂からの大展望に自称展望男は大満足。



左奥から毛勝三山、北方稜線、小窓尾根、
左下は池ノ谷二俣付近の雪渓


源次郎尾根喫、曲


八ツ峰喫から八ツ峰の頭(左)、背後は後立山連峰


八ツ峰絞、コル、妻


別山平、別山、剱御前、立山三山、室堂、
遠望右から薬師、黒部五郎、笠ヶ岳、三俣蓮華、槍穂


山頂付近から早月尾根を見下ろす


別山尾根のカニのヨコバイは渋滞


下りも慎重に


小屋に到着して


中食(1ヶ500円也)


小憩後、テントを撤収し、ひたすら馬場島を目指して激下る


馬場島野営場に到着し、馬場島荘で入浴


北陸道の徳光SAで夕食


心配していた渋滞もなく、夜10時頃帰宅した。


一般的なコースタイム



初日の小屋までの登りは標高差約1500m、
二日目は山頂までの登り約800mと
山頂から登山口まで約2200mの激下り、
日帰りするMな登山者やトレイルランナーも多いが
早朝の山頂からの大展望を期待するなら
今回の日程が良いと思う。

尾根上部の岩場は落石による死亡事故も多く要注意。
始めて剱岳に登るなら
剱沢小屋か剣山荘に泊まり、別山尾根からの山頂ピストンが無難。(F田)

早月小屋のテン場では、天気も良くのんびりと過ごせ楽しかったです。北アルプス三大急登は、さすがにきつかったです。ありがとうございました。(H野)

別山尾根ルートとは趣きの違う静かな道でした。景色も最高。しかし、下山後の筋肉痛は生活に支障が出る程です。(K村)


写真114枚 スライドショー








 

-