阿弥陀山

≪個人山行報告≫

 

阿弥陀山(453.571△)

K

1225日天気がいいので今年の歩き納めにと思い比良山系の最北端にある阿弥陀山の一等三角点を訪ねた。行程はJR安曇川駅(900)から朽木行バスに乗り広瀬橋で下車、ここから30分歩いて登山口(1000)に着く。四阿の横から「山頂→」の標識に従い歩いて行くと太山寺城跡分岐に出た。ここでコースを離れ城跡見物をして分岐に戻ることにした。案内板には戦国時代の築城とあった。山道(木馬道)はよく整備され標識も新しく倒木はあるものの気持ちよく歩け山頂(1110)に着く。さて、目的の三角点はと探すと枯草に覆われ保護石も見えず凡そ一等三角点らしからぬ状態にびっくりした。この一等三角点は県内に9ヶ所ある中の1つで日本地図作成のため最初に三角点網を作る「本点」として明治1111月に埋設されている。

快晴なので山頂からより展望のよい最高点470m(1140)までピストン。ここは元自衛隊通信施設の在ったところで広い台地のような場所であったが、360度展望があり眼前には蛇谷ヶ峰、背後にはびわ湖であった。この後ラーメンのお昼を取って高面山方面に下山(1220)山道は登りと違い荒れていてピンクテープを探しならの降下となった。途中嬉しい物を発見・・・、そして林道出会(1240)まで下りた。計画はここから高面山をピストンする予定だったが登り口が分からず登るのを断念した。そして林道を歩き登山口(1310)に戻る。

帰路はバス待ちをせず6キロ先の安曇川駅までてくてく、途中不思議な絵文字が刻まれた「神代文字の石」呼ばれる碑を見たく安閑神社(1430)に寄る。そして駅(1440)に着くも30分待ち、ホームで500mlを飲み終えたところに電車が来た。

 

 

 

 

 

 

 

-

滋賀40山 イブネ

 

個人山行報告

滋賀40山 イブネ

山行日 20181213

 

コース・タイム

甲津畑登山口8:52→善住坊かくれ岩9:12→桜地蔵9:33→蓮如上人遺跡10:08→杉峠11:25→杉峠の頭11:40→佐目峠11:47→イブネ12:10→イブネ北端12:21→イブネ12:32杉峠13:33→甲津畑登山口15:34
愛知川支流の「渋川」沿いの渓谷の道(古道の千種街道)を杉峠まで登り、左へ取って佐目峠へ。佐目峠から一登りでイブネ山頂に着いた。この山の標高は1160mであるが、大きな樹木はなく開けた頂上台地になっている。イブネ北端まで進み、鈴鹿の山々、伊勢湾、三重方面の眺望を楽しんだ。イブネ山頂に戻り昼食をとった後、明るい間に甲津畑登山口に下山した。(記:H島)

 

(一口感想)

イブネの山行ブログを見ると日曜日は凄い雪なので、アイゼン、カイロ、寒さ対策バッチリで行きましたが思いの外良い天気。
やっぱり山は天気が1番p(^-^)q
Y
本さんの提案でイブネの北端迄行きましたが伊勢湾や名古屋の高層ビル、南アルプス等、素晴らしい景色が満喫出来ました。
その他にも色々な山を教えて貰いましたが私の頭には入る隙間が無く風のように吹き抜けて行きました(^-^
昼食時にヘッドライトの準備をと言われましたが思いの外早く下山出来ました。
私達、何て日頃の行いが良いんだろうなと納得の一日でした。  H浦)

 

山頂からは遥か御岳・乗鞍・北・中央・南アルプスまで遠望が利き、逆光に雨乞岳西斜面の霧氷が輝き、今日の「イブネ」はことのほか機嫌が良かったようです。美しい苔に覆われた山頂。背丈を超す猛烈な笹薮だったのがウソのようです。温かな山頂で今は亡き友と歩き回った懐かしい鈴鹿の山々を見ながらの昼食。一日中お天気に恵まれ今日も至福の登山を味わい、「動ける間は山を歩きたい!!」という思いを抱いた一日でした。(Y本)

                                                       

 

 

渋川 橋を渡る

 

 

 

蓮如上人が比叡山の迫害を逃れて一夜を過ごした庵

美しい渓流沿いを登る

 

杉峠

 

落葉したブナ林

 

イブネ

イブネ北端へ

-

錦秋の比叡山

個人山行報告

2018年12月2日

参加者 5名

錦秋の比叡山。見どころ満載でした。

 

東海自然歩道案内看板でルート確認

 

根本如法塔

 

恵心堂

 

洗心寮 窓越の紅葉

 

参道

 

石段を登る

 

ドウダンツツジ

 

愛染堂

 

 

-

ポンポン山

≪個人山行報告≫

 

ポンポン山(6782△)

 

11月27日予報通り晴れたので、紅葉に染まる善峰寺からポンポン山に登った。JR向日町駅からバスで30分、終点の善峰寺バス停に着く。降り注ぐような紅葉の中を杉谷方面に向けて登り始め1時間30分程で山頂に着いた。山頂は広くベンチなどが整いゆったりとお昼と展望を楽しんだ。

下山は釈迦岳分岐から釈迦岳(6313△)を経て急坂を下り善峰寺に戻る。そしてバス待ちを利用して善峰寺境内の紅葉を堪能した。実に見事な紅葉だった。帰りは阪急向日町から河原町に出ていつものビールを飲んで帰宅する。K

 

 

 

 

 

 

-

スッポン鍋登山 比叡山

山行日 2018年10月31日

参加者 10名

登山プラス美味しいものを食べたいとの希望により実現したスッポン鍋登山。比叡山坂本に集合し、滋賀院・慈眼堂・日吉東照宮を見学し比叡山裳立山に登る。東海自然歩道を往き、四谷川沿いを穴太に下りる。下山後、大津市役所駅近の「小太郎」でコラーゲンたっぷりのスッポン鍋を味わった。

 

滋賀院門跡

 

慈眼堂

 

日吉東照宮

 

裳立山山頂

 

ケーブル延暦寺駅前広場で昼食

 

無動寺明王堂より大津市内を望む

 

明王堂

 

倒木を越えて

 

倒木の足場に乗る

 

スッポン美味しくいただきました

 

写真タイム

 

 

 

-

黒部下の廊下 2018年10月25日〜27日

 

 

《個人山行》

黒部下の廊下

日 時   20181025日〜27

メンバー  O.G  M.G

25日(晴れ)自宅=立山=美女平=立山室堂=大観峰=黒部平=黒部湖・黒部ダム

(ロッジくろよん泊)

26日(晴れ)ロッジくろよん(400)〜黒部ダム(505)〜別山岩屋(800)〜

黒部別山谷(905)〜十字峡(1050)〜仙人谷ダム(1315)〜阿曽原温泉小屋(1420)泊

27日(雨) 小屋(510)〜折尾谷(700)〜欅平駅(1050)=宇奈月温泉=立山=

自宅

                            

憧れの下の廊下。機会は何度か訪れていましたが、天候や体調不良で見送っていました。今年も雪稜会のメンバーとの予定が合わず諦めてかけましたが、思い切って主人と二人でチャレンジすることにしました。立山に車を置いて、黒部ダムまではアルペンルートを堪能!美女平からは紅葉真っ盛りの中をバスは室堂へ。室堂では雪化粧の立山を眺めながら散策。黒部ダムでは15日には終了していたはずの観光放水を行っていました。

26日は真っ暗なうちから出発。ダム下の最初の橋は凍っていてツルツルでした。明るくなるにしたがって木々の赤や黄色が鮮やかに。紅葉真っ盛りの中、緊張の廊下をひたすら歩く。十字峡では横道に入り十字が見える岩へ。眺めていると川より上がって来る人達がいました。槍沢を下ってきたそうです。仙人ダムでは施設の中や熱気がこもるトンネルを通り、ひと山越えると阿曽原小屋。到着後、露天風呂を楽しみました。

27日は夜中より雨が予定通り降り始めた。出発の時間には悩んだ。9時頃が一番雨がきつくなり、午後には止む予報。周りも早出の人、遅出の人にわかれていた。小屋の主人に「最初の3時間が核心。そのあとは雨がきつくても大丈夫」とアドバイスをいただき、早出にする。思ったほど雨はきつくならず、雨の紅葉を楽しみながら水平歩道を歩き無事欅平へ到着した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-

黒部下の廊下(10月15日〜17日)

 

 

【日 程】  10月15日(月・晴),16日(火・晴),17日(水・雨のち曇) 
【参加者】  H島(SL)、A本、H浦、T中啓、H部史(CL・記録)
15日 7:00堅田駅集合〜14:00扇沢〜14:45黒四ダム〜15:45ロッジくろよん
16日 4:00ロッジくろよん〜5:20最初の丸太橋〜7:50鳴沢小沢〜9:20別山谷
出合〜10:30白竜峡〜11:30十字峡〜13:00半月峡〜14:00東谷吊橋〜15:20
阿曽原温泉小屋
17日 4:00阿曽原温泉小屋〜6:30折尾の大滝〜8:00大太鼓〜8:30志合谷トンネル〜
10:35展望台〜11:00欅平駅〜12:43宇奈月温泉〜20:30堅田解散
一年の内登山者が足を踏み入れることが許されるのは条件が良くて一か月、そんな秘境に憧れ続けて5年目やっとチャレンジする事が許されました。
15日ワクワクとドキドキ感を内に秘め定刻に堅田駅に集合、大町温泉郷で車回送の手続き後トロリーバスで黒四ダムに足を踏み込みました。
16日夜明け前、ヘルメットのひもをしっかりと締め先ずは黒四ダム駅裏から谷底へ向かって170mの激下り。6時前明るくなりだした谷から見上げる周囲の岩峰に圧倒されながらも鳴沢、新越沢辺り迄はまだ「岩魚」の魚影を探す余裕をもって歩を進める。
別山谷手前からいよいよ梯子の高巻が始まり一気に緊張感、高度感がマックスに手摺や番線に摑まりながらの歩行に疲労感も増してくる。
白竜峡、十字峡、半月峡、S字峡と次々に現れる日電歩道の核心部の連続に酔い痺れる。人見平宿舎の裏手からの急坂に顎を出しながら15:20やっと阿曽原温泉小屋着。
17日霧雨模様の中を出発。砂防ダムのトンネルの中をくぐり、高さ300mの崖の上を回り込む大太鼓、天井注意の低い真暗な志合谷トンネルを抜け欅平展望台から急坂を下り11:00欅平駅に到着ようやく2日間の緊張から解放されました。

〈一口感想〉
黒部下の廊下のスケールの大きさに驚愕しました。断崖を切り開き、梯子を架け、岩を砕き、トンネルを通して完成した水平歩道は他では決して見れない景観を提供してくれました。すべての人々に感謝します。  (H島)

4年越しの黒部下の廊下が実現しました。それにしても凄い所でした。あの水平歩道(日電歩道含む)を掘削した人達も凄ければ、毎年雪解け後に丸太桟道やロープや番線を点検整備をされる人達も凄い。足元注意で歩いていると、頭上の岩角に頭(ヘルメット)を痛打し、ひょいと右を見ると遥か下を黒部川が流れており、その高度感に思わず左手で番線をつかむ。高所恐怖症の人ならしゃがみ込みたくなるに違いない。
穂高の縦走路も怖い所はあるが、短いので集中力を高めて通過できる。下の廊下はず〜と続くので気が抜けない。決して技術的なレベルを要求はしないが、油断すればケガでは済まない。そんな緊張感の連続と息をのむ絶景、阿曽原の野趣溢れる露天風呂など印象深い山行でした。   (A本)
YahooニュースにWONDER MOUNTAINSという1分弱のムービーが流れており、そこで下の廊下を見て行きたいなーと思った二日後、堀部さんが計画されてることを知って連れていってもらえるようお願いしました。
下の廊下がどんなものかも知らず、単にその景色が見たいだけの衝動で参加してしまいました。
調べてみると私のレベルではないとわかりましたが皆からはこれも巡り合わせ、チャンスと言われましたがそんな怖い所は絶対無理とも言われ・・
ドキドキしながら当日を迎えましたが意外と恐怖心も無く二日間アトラクションを楽しむように30キロ歩けました。景色は絶景でしたが、昔あの道を作った人達はどれだけ大変だったか、そして今も毎年補修してくださる人達に頭が下がります。
紅葉は今一でしたが素晴らしい景色を堪能できました。私達が欅平に下山した数時間後に欅平から滑落して亡くなられた方がおられました。無事に下山出来たことに感謝、足手まといであろう私を参加さしてくれた皆さんに感謝、感謝です。      (H浦)
「何年越しか念願の下の廊下。今回実現出来て嬉しく感謝です。水平歩道は、気の抜けない険しい道でしたが、紅葉を楽しみながら又美しい青緑色の黒部川を見ながら、力強い水流音を聞きながら大自然が「力」となって無事完歩出来ました。阿曽原温泉は開放感たっぷりで疲れを癒してくれ最高でした。」   (T中啓)
 

 

 

高捲き梯子

 

水平歩道

 

十字峡

 

S字峡

 

 

 

 

 

志合谷トンネル

 

欅平駅

 

-

黒部下の廊下(10月13日〜14日)

〔個人山行報告〕
    
黒部 下の廊下
(日  時) 2018年10月13日、14日
(メンバー) CL;N尾  SL;N野  記録;T中(利)
10月13日(土)
4:10 扇沢に到着。
先週までは6時30分発だった黒部ダム行きのトロリーバスの第一便が、今週から7時30分発に変わっており、私たちは3時間余り切符売り場の前で待つことになった。それでも既に20名ほどの先客がおり、紅葉の季節の好天に恵まれた休日とあって、7時前には300人以上の大行列が切符売り場前に出来ていた。
7:30 予定通り第一便に乗車。 7:45 黒部ダムに到着。 7:55 登山開始。
このコースは比較的若い登山者が多く、登山開始早々から次々と元気な若者達に追い抜かされていった。
 登山者は全員、当然のごとく登山用ヘルメットをかぶっていた。私の場合、ヘルメットが必要な山にはあまり行くことがないため、勿体ないので自転車用のヘルメットで代用しようと考えていたが、誰もそんな人は見かけなかった。
 登山開始後しばらくはアップダウンの繰り返しだが、その後、登山道はほぼ水平状態になった。紅葉が始まった山々と、眼下に勇壮な流れの黒部川を見ながら、延々と黒部峡谷を進んで行くことになる。
 滑落すればおしまいという場所も多いが、山側には針金の手すりが張り巡らされ、足場の悪いところには立派なはしごが組んであり、登山道は整備が行き届いていた。
10:00 鳴沢小沢を通過。 11:15 黒部別山谷出合で昼食。 13:35 十字峡の吊り橋を渡る。 14:45  S字峡を通過。 15:30 東谷つり橋を渡る。
17:15 暗くなりかけたところで阿曽原温泉小屋に到着。
定員50名のところ、本日は100名以上が宿泊するとのことで、小屋は登山客でごった返していた。
到着早々にザックを置いて、10分ほど下ったところにある露天風呂に入る。ここも大勢の登山者で大盛況であった。今日は朝8時前から夕方5時過ぎまでおよそ9時間、ほとんど歩き通しであったが、お湯に浸かると足腰の疲れがスッと消えていく感じがした。
10月14日(日)
5:50 山小屋を出発。7:40 折尾の大滝に到着。
交通の便が良ければすぐに観光名所となり、土産物屋が出来、折尾滝饅頭とか、折尾滝煎餅などが販売されるであろうと思われるほど雄大な滝であった。
8:50 大太鼓を通過。
ここが高低差の最も大きい場所だと教えていただいたが、昨日からの山行で高低差には慣れてきていたので「ああ、そうですか」という感じで通過した。『慣れ』とは恐ろしい。
9:15 志合谷トンネルに入る。
真っ暗闇の中、低い天井で頭を打たぬ様、また、足元の流水で登山靴の中をぬらさぬ様、上にも下にも注意を払いながら慎重に進んで行く。数年前、島根県の石見銀山で発掘調査中の鉱山探検ツアーに参加したことがあったが、トンネル内はその洞窟とほぼ同じ環境。まだこっちの方が蝙蝠が飛んでいないだけマシかも知れないと思いながら何とか通過した。
12:20 トロッコ電車の欅平駅に無事到着。
 いつかは行ってみたいと思っていた下の廊下を完歩出来、非常に満足している。綿密に計画を練り実行していただいた長尾さん、同行いただいた中野さんにはいろいろとお世話になり、本当に感謝しています。ありがとうございました。
〈一口感想〉
やっと念願の「下の廊下」に行くことが出来ました。黒部峡谷の岩壁を8時間かけて歩きましたが、落ちれば確実に死ぬという状態が長時間続くという恐怖感から足の筋肉が強張り2回も両太ももが攣りました。紅葉はまだ少し早かったですが、ゆっくりと景色を楽しむ余裕はありませんでした。阿曽原温泉の露天風呂に入ることが出来て一瞬疲れが癒されました。                        N野
 2011年に初めて今回と逆コースを一人で出かけてルート上の土砂崩れで途中撤退して以来、何度か計画倒れになっていた念願の“下の廊下”にやっと行くことができて万歳です。岩壁に取り付けてある番線が頼りですが、我々一般登山者でも慎重に歩けば心配いらないくらい整備して頂いた阿曽原温泉小屋関係者のおかげと感謝致します。特に今年は雪のブロックが早く消えて雪渓歩行の心配が皆無だったのも幸運だったと思います。とにかく皆無事で帰宅出来て良かったです。             N尾

                              

-

唐松岳

月日   2018年10月3日
目的地  北アルプス(唐松岳)
報告者  SH
八方駅―八方アルペンライン―八方池山荘(9:24)〜丸山ケルン〜唐松岳(11:37)〜八方池山荘(14:45)                          
【記録】
八方駅(標高770m)から八方池山荘(標高1839m)までは八方アルペンラインのリフトを乗り継ぎ30分弱で到着した。尾根の中腹にある八方池(標高2060m)はガスの中で見えず、さらに登り、ガスを突き抜ければ丸山ケルン(標高2430m)、唐松岳山頂からは青空のもと360度の展望が楽しめた。山頂一帯からは日本百名山11峰が見渡せます。

不帰の嶮

 

 

後ろ立山連峰(パノラマ)

 

 

白馬三山

 

 

唐松岳

 

 

五竜岳と鹿島槍ヶ岳

 

剱岳

 

天狗の頭

 

五竜岳と槍ヶ岳

 

唐松岳から白馬への稜線

 

不帰の嶮

景 曲 喫

 

-

奥又白池〜前穂高岳

 レベルアップ登山講座4 奥又白池〜前穂高岳

        紀美子平にて

 

日 程 2018年10月6日〜8日(月)

天 気 快晴

講 師 A田 誠、A斎

受講生(湖南岳友会)1名(彷徨倶楽部) 1名(比良雪稜会)K.T  M.G(2名) 計4名

行 程

10/6 JR守山駅18:30=栗東IC(名神高速・東海北陸道)高山西IC=JR高山線上枝駅(泊)21:30

10/7 泊地=あかんだな駐車場5:20=上高地バスセンター5:55 上高地バスセンター6:20---徳沢8:15〜5:35---新村橋8:45〜5:55---奥又白谷登山口9:00---中新道取付き10:05---奥又白池(泊)13:00

10/8 泊地5:15---(A沢)---踏替点7:00〜7:10---A沢ノコル8:05〜8:15---前穂高岳9:00〜9:35---岳沢小屋13:15〜13:35---上高地バスセンター16:25=あかんだな駐車場=帰滋

両日とも晴天!泊地の奥又白池は静寂の中、湖面に前穂の北尾根を写していた。夜明けと共に出発。モルゲンロートに染め上げられた前穂に暫し心奪われる。すぐに核心部のA沢の不安定な急峻なルンゼ登攀が始まった。リーダーからの注意事項は「落石の危険が大きいガレ場では休憩しない」「前の人との間を詰めて歩く」「岩を押さえるように足を置く」「落石には手を出さない」であった。前穂高岳山頂で大パノラマを楽しみ、重太郎新道を下山。どんどん下って行くと、いつの間にか殺風景な岩稜から錦繡の山に変わっていた。

 

前穂高北尾根を写す奥又白池

 

 

 

-