<< 南アルプス仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳 | top | ぶな 9月号 >>

南アルプス大縦走・聖沢コース

<山行報告>

 

南アルプス大縦走・聖沢コース

【日 時】 令和元年7月30日()―8月4日()

【参加者】 CLH部史、SLA本、H浦、H部美

30日()・晴 7:00堅田駅に集合==彦根I/C==新東名島田金谷I/C==13:45畑薙ダム==15:35椹島ロッジ

40周年記念山行〈南アルプス大縦走〉の行程に合わせて行動の予定でしたが、台風8号の影響により「東海フォレスト」の送迎バスが運行停止になり3日ずらしての出発になりました。

島田金谷I/C迄は開通して間がない「新東名」を快調に移動するもまだこれで本日の行程の半分、更に畑薙ダムからは送迎バスに乗り換え大井川沿いの凸凹の林道を1時間かけやっと椹島です。南アルプスは山深いです、でも住所は『静岡市葵区』。

31日()・晴 6:15椹島ロッジ=6:30聖沢登山口〜8:30聖沢吊橋〜11:15乗越(昼食)11:4513:05岩頭展望台〜15:00聖平小屋6:15椹島をバスで出発。牛首峠で車窓から赤石岳を見上げこれからの縦走に向けテンションを上げる。15分程で聖沢登山口に到着。6:30登山開始からいきなり『胸突くつづら折れの急登』が続く。崩壊の為か沢筋の道が何ケ所か尾根筋に上がりまた沢筋に降りる鎖のつけられた急坂に変更されていて(案内看板は整備されている)、南アルプスの環境の険しさを肌で感じる。台風の後でぬかるみも有り「下りに使いたくない道」との全員の感想でした。

8:30聖沢吊橋このコース唯一の吊橋ですが高さが低く、迫力不足でした。

11:15乗越で昼食タイム、ここからは聖沢の展望や奥聖岳方面から流れ落ちる滝が幾筋も見え少し楽しく歩けるコースになる。13:05岩頭展望台から奥聖岳、聖岳が望めたが恥ずかしがり屋かすぐに雲の後ろに隠れる。

15:00聖平小屋に到着、小屋名物の中身がたっぷり入った「フルーツポンチ」と「ビール」で今日の疲れを洗い流す。    (H部史 記)

 

8/1(木)報告

  330起床 430朝食

  530聖平小屋――555薊平――700小聖岳710――845聖岳900

  ――1035聖兎のコル(昼食)1055――1150兎岳避難小屋1200

  ――1215兎岳――1315小兎岳――中盛丸山――1610百瞭胸海硫

 

朝のうち晴。聖岳への約750mの登りは順調に高度を稼ぎ、予定通りの登頂でした。山頂から北は赤石岳、悪沢岳。南に茶臼岳、光岳が展望できた。残念ながら富士山方面は白雲がかかり、山頂部のみチラ見え程度。

ここからは標高は下がっていくし、兎岳〜小兎岳〜中盛丸山となんとなく柔らかな迫力に欠ける山をたどって本日の宿泊先の百瞭胸海硫箸泙燃擇靴せ格發なーんて思っていました。ところがとんでもない。南アルプス特有の深い山肌の刻みに飲み込まれ、「お前の体力はこんなもんか?」と問われるようなアップダウンに苦しめられました。

天候も少し怪しくなってきました。青空は消え、山体にガスがまとわりだし、冷たい風も吹き出しました。今から考えれば明らかに雷雨の前兆でしたが、苦しい登行の私には心地よい風と感じてしまい的確な判断を鈍らせてしまいました。

大沢岳と百瞭胸海硫箸悗諒岐でザックカバー装着はしましたが、本来はここで全身雨具装着すべきでした。小屋へのトラバース気味の下りに入り、一気に雨脚が強くなり、雨具(上着のみ)装着(私は雨傘のみ)。ここでも中途半端でした。間もなく小屋に到着するとの思いからの手抜きでした。…大いに反省

樹林帯に入っていたので落雷の恐れは少なかったのですが、一度直近に落ちたようでした。(後で聞いた話では、我々と相前後して歩いていた5人組が打たれて3人が衝撃で倒れたとのこと…幸いにも大事なかったようです)全身濡れて小屋到着。全てを着替えて、いただいた夕食(牛丼)のうまかったこと。

       (報告;A本)

82日(金)  晴〜曇〜雷雨

百間洞山の家6:05出発 百間平7:30 岩石の大斜面8:309:40 赤石避難小屋

(昼食)10:0510:45 赤石岳10:50 富士見平13:40 赤石小屋14:30百間洞山の家からは砂礫の急登、息切れしながら一時間半、百間平でホッとしたのも束の間、岩石の大斜面また一時間の登り(>_<)赤石岳からの下りはシナノキンバイ、ハクサンイチゲの群生。優しい色合いのハクサンフウロ、グンナイフウロ、インパクトのあるクルマユリ、スイスに負けない見事なお花畑でした。楽しみにしていた富士見平はガスで残念!昨日みたいに雷雨に合わないよう足元に注意しながらもちょっとスピード上げて無

事赤石小屋到着、その後20分程で土砂降りに。あまりの嬉しさにH部美さんとハイタッチ。二日続きのびしょ濡れは免れました。         (記録  H浦)

83()  曇〜晴

5:30赤石小屋出発。昨日の夕立により地面は濡れているが快晴、小屋から聖岳が堂々と観える。6:00岩稜の処で衣服調整のため休憩。シラビソ林の尾根、急斜面をひたすら下る、所々で鮮やかな色のキノコが顔を出す。東尾根登山口から赤石小屋迄を5等分に分け?登山道に1/5〜5/5の道しるべの看板があり励みになりました。

/5近くのトラバースの処で木の根っ子(隠れ潜んでいた)で滑ってしまい谷側に転び落ちそうになったが立ち木をつかみ難を逃れる。それからは30毎に休憩をとる。

9:50最後の鉄階段を下り東尾根登山口に着く。うれしさに四人で『バンザーイ』。

ソフトクリームで乾杯後10:30予定通りのリムジンバスに乗ることが出来ました。その夜は寸又峡温泉につかり、美味しい「鹿刺しとイノシシ鍋」に大満足。色々あった山行でしたが無事に歩き通せたことに感謝、仲間に感謝です。

(記録;H部美)                        

(一口感想・H浦)

今回の聖岳から赤石岳は大きいアップダウンの連続で本当にしんどい山行でしたが、達成感はたっぷり!!(筋肉痛もたっぷり)参加出来て良かった‼ 

皆さんありがとうございました。 もう一回行くかと聞かれたら遠慮します(^_^;) 

 

 

 

 

 

 

 

 

-