<< 南アルプス大縦走・聖沢コース | top | 日向八丁尾根〜甲斐駒ケ岳 >>

ぶな 9月号

ぶな         2019年9月号     NO.486

 

 

<巻頭言>

紫外線

O村 T恵子

 

晴天の、特に稜線歩の時など、耳の後側まで炎症をおこした経験をされたことがおありかと思います。

そこで気になるのが紫外線。

シミやシワの原因になるとされていますが、環境省の資料によると、日本では6〜8月に最も強くなり、一日のうちでは正午ごろがピークになるといいます。

そもそも紫外線とは何でしょう?太陽光の中には可視光線(目に見える光)や赤外線があり、紫外線もその一つです。波長の長い順にA(UV-A)、B(UV-B)、C(UV-C)の3種類がありますが、Cはオゾン層などに遮られ、ほとんど地表には届きません。Aは肌の奥の真皮まで到達し、シミシワたるみなどを引き起こします。BはAに比べ、エネルギー量が大きく、屋外での日焼けの原因となり、炎症を起こすほか、シミなどの原因にもなります。Bは浴びると肌がひりひりして分かりやすいですが、Aは浴びている感覚が分かりにくく、気づかぬうちに浴びてしまうため注意が必要です。

曇りや雨の日でも紫外線は降り注ぐので、日焼け止めを使いますが、紫外線を浴び続けてダメージが蓄積された肌には皮膚の構造が変化してしまい、残念ながら元には戻りません。だから「予防」が必要です。日焼け止めだけで肌をガードするのは現実的ではありません。帽子、日傘、衣類、手袋、サングラスなどを使って保護することが大切です。

紫外線は悪者だけではありません。皮膚でビタミンDを作り、骨を強くもするので過剰な紫外線対策は骨粗鬆症のリスクをたかめる事にもなるので、気を付けましょう。

皮膚を守るなら、紫外線対策をし、食事でビタミンDをとることを意識したいです。遅いかも?知れませんがお肌の保護に努めましょう。

 

 

《目 次》

 

「巻頭言」---------------------------------------------------------------------------------------

「目 次」---------------------------------------------------------------------------------------

 

【例会山行案内】

・ちょこっとシリーズ 比良山系ホッケ山東尾根(914日)----------------

・滋賀40山 北岳(サクラグチ)(106日)-------------------------------------

・県連主催 比良縦走大会(929日)----------------------------------------------

2019登山祭典兼野点山行 余呉 七々頭岳(1027日)--------------------

 

【例会山行報告】

 40周年記念南アルプス大縦走

・光岳〜甲斐駒ケ岳コース(726日〜86日)-------------------------------

・聖岳〜赤石岳コース(730日〜84日)----------------------------------15

・小河内岳〜塩見岳コース(730日〜82日)----------------------------19

・仙丈ケ岳〜甲斐駒ケ岳コース(83日〜5日)------------------------------23

 

【個人山行報告】

・比叡トレイル 八王子山〜三石岳〜横高山〜水井山(728日)-------27

・伊吹山 夜間登山(810日〜11日)------------------------------------------28

 

【定例会報告】

・第4回リーダー部会議事録(821日)---------------------------------------30

9月予定表--------------------------------------------------------------------------------32

             

 

[表紙写真]  南アルプス大縦走 甲斐駒ケ岳山頂にて

2019 8.6      撮影:K嶋 F男氏

 

 

<例会山行案内>

ちょこっとシリーズ

 比良山系ホッケ山東尾根

 

 登山道のない尾根をホッケ山山頂目指して登ります。

地図読みが必要で、倒木による迂回や落石など危険な所があるかもしれません。

それを踏まえて、我こそはとご一緒して下さる方、募集します。

 

9月14日(土) 8:10 和邇川河川敷 

 

<コース>

和邇川河川敷=八屋戸圃場東屋8:30〜11:30ホッケ山

〜12:00小女郎ヶ池(昼)12:40〜15:10八屋戸圃場東屋

=15:30和邇川河川敷   

  

レベル 体力 ★★★☆☆  技術 ★★★☆☆

 

持ち物 水、昼食、非常食、地図、磁石、雨具、ヘッドライト、スリング、

カラビナ、その他日帰り装備

    

申込み先 K藤 

 

締め切り 9月8日(日)

 

 

 

<例会山行案内>

滋賀40山

北岳(サクラグチ)

 

鈴鹿山脈の宮指路岳から滋賀県の甲賀市土山町へのびる支脈は横谷岳で2本に分かれ、西側支脈の最高点が北岳です。別名サクラグチとも呼ばれています。登山道は歩く人が少ないようですが、初秋の鈴鹿の山を楽しみましょう。

 

日程  10月6日(日)

集合 和邇川河川敷 7:30

<コース>

   和邇川河川敷  7:30=うぐい川公園駐車場・登山口9:30〜P798峰10:30〜西峰11:00〜北岳(サクラグチ)(918.8m)11:30〜12:00〜西峰12:15〜P798峰12:45〜林道14:00〜登山口・うぐい川駐車場14:30=和邇川河川敷 16:30

    

レベル  初級  体力 ★★★☆☆  技術 ★★☆☆☆

 

持ち物  水、昼食、非常食、地図、磁石、雨具、ヘッドライト、その他通常日帰り装備

          

申し込み先  N野 Eメール  

       

 

申込締切り  9月30日(月)

 

 

 

    比良縦走大会のご案内

 

恒例の県連主催比良縦走大会が下記のとおり開催されます。我が比良雪稜会からも多数ご参加ください。

今年は昨年とコースが違います。高島音羽〜リトル比良〜釈迦岳〜イン谷口ゴールです。

 

開催日  2019年 月29日 ()  雨天の場合中止

 

コース 8:00 ⇒ 高島音羽大炊神社スタート

     12:00⇒ 寒風峠チェックポイント通過時間

           釈迦岳→カラ岳手前→登山リフト跡

16:30 イン谷口 ゴール 必着

 

JR近江高島駅7:30 集合 ⇒徒歩で大炊神社

 

参加費 1,000 (保険等諸費用含む)実施日当日徴収します。

 

締め切り 13 ()

 

県連理事 I村まで

 

注意事項

  • 参加資格

 コースを十分把握している個人もしくはリーダがいるパーティ。

個  人 労山会員で新特別基金の加入者。

パーティ 基金加入者がリーダ。

一般加入者も含めグールプ行動厳守となります。

道迷い、けが、事故等トラブルについて主催者は責任を負いません。

 

その他

 近くに温泉施設比良とぴあ(露天風呂有)で日帰り入浴できます

 

 

 

 

例会山行予告案内

 

2019登山祭典野点山行

余呉 七々頭岳 693.1

 

日 程:10月27日(日)  雨天中止

 

コース:堅田駅・小野駅・和邇駅=(貸切バス)=長浜市余呉町菅並〜七々頭岳〜

上丹生=(貸切バス)=和邇駅・小野駅・堅田駅

歩行 約3時間

集 合: JR堅田駅710 又は JR小野駅720又はJR和邇駅730

交 通: 貸切バス

持 物: 弁当・飲物・雨具・ライト等

参加費: 会員・会友・会員家族:未定  

一般3500円 中学生以下3000円  (バス代・保険代・抹茶代・菓子代等含む)

定 員: 50名 (定員になり次第締め切り)

申 込: 西村高 telfax 077-594-0454 

eメール:kazuyo-buna@river.sannet.ne.jp

 

 

秋のメイン行事です!

ぜひ予定しておいてください。

友人・知人にも早めの声掛けをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 

-