<< ぶな 9月号 | top | 剱岳・早月尾根 >>

日向八丁尾根〜甲斐駒ケ岳

第1回ステップアップ登山講座 報告
日向八丁尾根〜甲斐駒ケ岳
日時 2019年8月16日(金)〜 18日(日)
天気 1日目 曇り  2日目 曇り、15時頃から夕立
講師 (彷徨倶楽部)A田    受講生(比良雪稜会)G阿弥、H野、T田(報告)

行程 8/16  小野駅 16:00〜栗東IC〜小渕沢IC〜道の駅「白州」21:30
関東から参加のA田講師と合流、仮眠。
8/17 矢立石登山口 6:55〜日向山山頂8:45-8:55〜鞍掛山分岐11:15
〜大岩山12:50-13:00〜大下り13:25-13:50〜烏帽子岳 17:10-17:20
〜鋸岳分岐 17:45〜17:50〜六合避難小屋18:35(泊)
8/18  六合避難小屋 5:50〜七合目の岩場 6:35-6:40〜甲斐駒ヶ岳山頂 8:20-8:40
〜七丈小屋10:20-10:30〜五合目11:50-12:00〜竹宇駒ヶ岳神社駐車場15:30

数日前から台風の通過があり、当初予定されていた剱岳北方稜線から、日向八丁尾根・甲斐駒ヶ岳への変更となる。台風一過の猛暑のなか滋賀を出発し、大きな渋滞もなく、ほぼ予定通りに道の駅白州に到着。A田講師から、明日からの行程についての説明をうけ、就寝。
17日、朝食を済ませ道の駅を出発。竹宇駒ヶ岳神社に、車一台をデポし、矢立石登山口へ。調理用も含め各自3.5Lの水が入ったザックを背負い出発。日向山までは、きれいに整備されたハイキングコースで、順調に登っていく。日向山山頂は白い砂地が広がり海辺の砂浜のよう。谷に落ち込む斜面には大きな岩がそびえ、独特の景観。大岩山に向けて樹林帯に入り、踏み跡を辿っていく。所々にテープはあるが、ルートがはっきりしない箇所もある。急登が続き、息が上がる。大岩山山頂からは、ハシゴや鎖、ロープばかりが続く約150mの大下り。おもしろいように高度が下がっていく。そして烏帽子岳山頂へ、再び急登。大きな岩をいくつも回り込むように進む。岩また岩を登り越え、ピークのようにみえるところに登っても、また次がみえる。ようやく烏帽子岳到着。鋸岳分岐まで、夕焼けに染まる山肌を眺め、樹林を横切る陽射しのなか進む。岩斜面には、ミヤマアキノキリンソウ、リンドウ、白いキツネノカミソリ、など可憐な花たちが咲いている。六合避難小屋は、6名の先行パーティ他の方々が石室一杯に荷物を広げており、秋田講師がかけあい、女性2名分のスペースを空けてもらう。男性2名は土間にツェルトを敷いて寝ることになる。夕食はナスの味噌炒め、高野豆腐煮、ズッキーニ&万願寺のローストと充実のメニュー。ウイスキーのお湯割りとともに、大変美味しくいただく。
18日、トマトソースのショートパスタで朝食を済ませ、6:30に石室を出発。ひとつピークを超えると、甲斐駒ヶ岳の姿がようやく目の前に。山頂へは岩場が続く。山頂に立つ人々の姿に励まされ、登頂!山頂には、トレランらしき軽装の人々も多い。山岳会の医療チームが調査をしており、アンケートに答えると、脈拍と酸素の値を計測してくれる。頭上には青空が広がり、仙丈ケ岳はきれいにみえるが、その後方には雲があり、鳳凰三山や富士山までは望めない。岩続きの斜面を鎖やハシゴも使いながら、七条小屋へ下りる。小屋では飲用水の補給ができ(有料)、ソフトドリンクなども販売している。黒戸山へのちょっとした登り、戸渡りを越えれば、ひたすら樹林帯の登山道がジグザグと続く。午後3時ごろ、不意ににわか雨。汗で湿った体に雨が染み、ひたすら下山。竹宇駒ヶ岳神社駐車場に到着。デポしておいた車で、矢立石登山口に残した車を取りに行く。神社駐車場にて解散し、帰路につく。
[一口感想]
・樹林帯あり、岩稜帯あり、そして甲斐駒登頂、黒戸尾根下山と、盛りだくさんの山行でした。特に八丁尾根の大岩山からの下りはロープ!ロープ!で激下りを存分に楽しめました。烏帽子岳も面白い山でしたが体力不足で楽しめなかったのが悔やまれます。ドキドキしていた石作りの避難小屋もこざっぱりとしていて素敵な小屋でした。(G阿弥)
・樹林帯の蒸し暑さに負けてしまいましたが、変化に富んだコースで楽しかったです。大岩山からの鎖、梯子の連続した150m激下りは圧巻でした。大変よい経験をすることができた山行でした。(H野)
・体力気力が鍛えられる山行でしたが、日向山の白砂と巨岩、岩の斜面に咲く可憐な花々、駒ヶ岳山頂の青空など、心に残る景色がたくさんあり、充実した時間でした。(T田)

 

 

 

 

-