<< ホッケ山東尾根(ちょことシリーズ) | top | 滋賀40山 北岳(サクラグチ) >>

ぶな10月号

ぶな      2019年10月号         NO.487

 

 

 

 

<巻頭言>

夏の思い出

H島 茂

 

「夏が来れば 思い出す 遥かな尾瀬 とおい空 霧の中に浮びくる やさしい影 野の小径 水芭蕉の花が咲いている 夢見て咲いている水のほとり」日本の童謡「夏の思い出」の歌詞です。

尾瀬に水芭蕉が咲くのは5月末であり、作詞をした江間章子さんは5、6月を夏とされています。水芭蕉は夏の季語であり、また、二十四節気においても5、6月は夏に当たっているからです。

 私は夏が来れば、7月の尾瀬を思い出します。9年前(2010年7月)に訪れた尾瀬沼東岸から見たニッコウキスゲと燧ケ岳の情景は素晴らしいものでした。

尾瀬沼の小屋に宿泊し、翌朝に尾瀬沼を散策すると、湖面にはうっすらと朝霧が立ち込め、湖岸には一面を山吹色に染めるニッコウキスゲの大群落、対岸の水面に雄姿を倒影してそびえる燧ケ岳。時を忘れて見入ってしまいました。遮るものなく青空に映える燧ケ岳はまわりの風景とあいまって一番美しい全容を見せてくれました。澄み切った青空、オオシラビソやネズコなどの針葉樹林の緑、ニッコウキスゲの山吹色、鮮やかな色彩に包まれた尾瀬の風景は夏の思い出として忘れられないものになっています。

ニッコウキスゲの花の命は短く、朝開花して夕方にはしぼんでしまいます。翌日には次のつぼみの花が開く一日花で、このことより、ニッコウキスゲの花言葉は「日々あらたに」とされています。順番に開花していくため、長い期間咲いているように思われますが、今日見る花は今日だけのもので、明日はまた次のつぼみが花開きます。

おかげさまで。今年の夏は雪稜会の仲間と17日間スイストレッキングの大変貴重な経験をさせてもらい、あらたな思い出を重ねることが出来ました。

残された年月、一日一日を大切にし「日々あらたな気持ちで」悠々と過ごしたいものです。

 

《目 次》

 

「巻頭言」---------------------------------------------------------------------------------------

「目 次」---------------------------------------------------------------------------------------

 

【例会山行案内】

・滋賀40山 イブネ(1020日)----------------------------------------------------

2019登山祭典兼野点山行 余呉 七々頭岳(1027日)---------------------

・比良山系飲み水水質調査・放射線測定山行(114日)-----------------------

 

【例会山行報告】

・ホッケ山東尾根(ちょこっとシリーズ)(914日)---------------------------

 

【個人山行報告】

10年振りの北岳(731日〜81日)-------------------------------------------

・剱岳(早月尾根)(824日〜25日)-----------------------------------------------

・剱岳(早月尾根)(914日〜16日)--------------------------------------------11

・甲斐駒ケ岳、栗沢山(919日〜20日)----------------------------------------13

 

【案内】

・救急救命講習会のお知らせ(1123日)---------------------------------------14

 

【定例会報告】

・第6回運営委員会議事録(911日)--------------------------------------------15

10月予定表--------------------------------------------------------------------------------17

             

 

[表紙写真]  剱岳八ツ峰の稜線(後立山を背景に)

2019 9.15      撮影:N野 T隆光

 

 

<例会山行案内>

滋賀40山

イブネ

 

滋賀40山「イブネ」は鈴鹿の奥座敷とか最後の秘境と称されています。昔は笹薮に囲まれた登頂困難な山とされていましたが、近年鹿の食害で随分歩きやすくなっています。山頂部分は平らかでコケに覆われ、イブネ北端からは360度の展望が楽しめます。

秋の鈴鹿の山を楽しみましょう。

 

日程  10月20日(日)

集合 和邇川河川敷 7:00

<コース>

   和邇川河川敷  7:00=岩ヶ岳林道〜鳴野9:00〜蓮如上人遺跡10:00〜杉峠11:25〜杉峠の頭11:40〜佐目峠〜イブネ12:10〜イブネ北端12:21〜佐目峠〜杉峠13:30〜鳴野15:30〜和邇川河川敷 17:30

    

レベル  初級  体力 ★★★☆☆  技術 ★★☆☆☆

 

持ち物  水、昼食、非常食、地図、磁石、雨具、ヘッドライト、その他通常日帰り装備

          

申し込み先  

 

申込締切り  10月14日(月)

 

 

<例会山行案内>

 

比良山系飲み水水質調査・放射線測定山行

 

 今年もこの季節がやってきました。清掃登山と共に当会が続けている自然保護活動です。南比良で両コースが会えるよう目指します。紅葉には早そうですが、山の恵みを楽しめるといいですね。皆さんのご協力お願い致します。

 

11月4日(月祝) 7:00 和邇川河川敷 

 

<コース>

1班 大橋スリバチの水方面

和邇川河川敷=坊村〜牛コバ〜○大橋スリバチの水〜南比良峠(昼食)

〜烏谷山〜摺鉢山〜○白滝谷登山口湧水〜坊村=○権現山登山口湧水(採水)

=事務所

    

2班 荒川峠方面

和邇川河川敷=(中谷出合登山口へ配車)=●イン谷口〜●大山口〜

●北比良峠〜○●八雲ヶ原水場〜●金糞峠〜●南比良峠(昼食)

●荒川峠〜○●荒川峠道湧水〜●中谷出合登山口=(イン谷口へ車回収)

=○●金比羅道の湧水=事務所

 

  ※○印は採水場所、●印は放射線測定場所です。

  ※採水用具等はこちらで用意します。終了後事務所に集めます。

※放射線測定は、機器が1台しか借りられないため、荒川峠方面のみの

測定です。

  ※交通費は、会負担です。

 

レベル 体力 ★★☆☆☆  技術 ★★☆☆☆

 

持ち物 水、昼食、非常食、地図、磁石、雨具、ヘッドライト、スリング、

カラビナ、その他日帰り装備

    

 

申込み先 自然保護担当 KH

     希望コースを明記のうえ、お申し込み下さい。

 

締め切り 10月29日(火)

 

 

 

 

 

 

 

<案内>

救急救命講習会のお知らせ

 

          

近年登山道での転倒によるケガが増加しております。

注意や慎重な行動が第一ですが、イザという時の対処法を身に着け、繰り返し習得することも重要です。

このような趣旨から救急セミナーの開催を大津北消防署にお願いしました。

比良雪稜会会員向けにお話しいただきますので、ふるって参加いただけるようご案内します。

 

日時 11月23日(土)9:30〜11:00

場所 大津北消防署 会議室

講師 大津北消防署 担当官

 

申し込み先  リーダー部遭難対策担当

 

申込締切り  11月18日(月)

 

 

 

 

-