<< 滋賀40山 北岳(サクラグチ) | top | 滋賀40山 イブネ >>

滋賀40山 押立山

<下見山行報告>

 

押  立  山 (滋賀40山)

日 時:2019年10月13日(日)

参加者:3

行 程:堅田7:30〜坂本神社駐車場8:50〜11:40押立山12:40〜駐車場15:00

 

 計画は、名神高速沿いの坂本神社付近から取りつきクレフィール湖東前に下山するルートとした。山裾沿いにずっとフェンスが張り巡らされている状態で、ゲートを探しながら神社前の林道を登っていくが大きな犬に追いかけられ断念。逆方向へしばらく歩き高速道路をくぐるとゲートがあった。かんぬき金具はあるが鍵は掛かっていなかったので入ることができた。地理院地図の登山道を登っていくが地図の破線が終わった辺りから踏み跡も不明瞭となってきた。すべり落ちそうな斜面を登り尾根に出ると山と高原地図のルートと合流した。尾根通しの道であるが、いばら混じりの藪漕ぎ、蜘蛛の巣と大変な道であった。しばらく行き急登を登ると下山予定の谷筋の道と合流し、尾根通しで山頂に到達した。展望はゼロである。

 下山は、ガラガラの荒れた谷筋を林道目指して下る。無事に下山地点に到着するがゲートに鍵が掛かっていて出られない!300m程先に高速道路を跨いでいる高架橋が見える。行ってみる、ここも鍵が掛かっていて出られない!!入ってきた入り口に戻るには、地図で確認すると沢を3本越えなければならない。下流部はコンクリート三面張りの大きな水路となっていて渡ることができない。渡渉できる箇所をさがし登り返す。最初の沢を渡りしばらくすると、山と高原地図に出ている舗装された林道に出た。これは出られると思い下山するもゲートに鍵が。出られない!!!フェンスを乗り越えようにも電柵がビリビリと音を立てている。フェンス沿いに出入り口を探して歩く....。

 ようやく、針金とひもで閉じられた扉に遭遇した。開けさせてもらい、やっと山から出ることができた。往復3時間のコースに6時間もかかってしまった。

 下見の結果、例会では無理と判断しました。登頂はしたので滋賀40山一座達成とします。                                 (記 H野)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-