<< 小女郎峠(1101)から蓬莱山 | top |

比良比叡トレイル(1) (大比叡〜宮メズラ)

例会報告

比良比叡トレイル(1)

(大比叡〜宮メズラ)

 

日 時  2020年7月19日(日)はれ時々曇り

参加者  CLK原  SLK藤  SLN尾 F野 N田 I井(記) S井  S内 N野 K井 N井 藤 

行 程  JR比叡山坂本725) 〜坂本ケ−ブル駅750ケーブル延暦寺駅(8:20)〜大比叡(848m)(9:00)〜玉体杉(9:45)〜 横高山(767m)(10:50)〜 水井山(794m)(11:20) 〜 仰木峠(11:55)〜昼食(12:30)〜 大尾山(681m)(13:35)〜伊香立峠(15:00)〜魚の子山(16:20)〜宮メズラ山(16:35)〜還来神社(17:30)

       

当初の予定は徒歩にて比叡山頂まで行く予定であったが、参加人数が多く、時間短縮のため、ケ−ブルを利用することとなった。JR比叡山坂本駅を7:25に出て、ケ-ブル駅まで舗装路を歩く。すでにこれだけで汗がどっと出る。坂本駅から8時始発のケ-ブルに乗る。

ケ-ブル延暦寺駅で再集合、ミ−テング。2班に分けて出発。参詣道を外れて左手の階段を上がる。しばらく登るとドライブウェイに出合う。ここを横断してお墓の横を通ってさらに登る。智証大師墓にて休憩(8:45)。さらに登ると阿弥陀堂から上がってくる道と出合う。ここからピストンで大比叡へ。ピストンなのでザックを置いていく。大比叡到着。写真を撮る。ピストン出合まで戻り阿弥陀堂から参詣道に出る。参詣道の詰め所に挨拶をして、ドライブウェイをまたいで、滑りやすい階段を下り、西塔本堂にてトイレ休憩(9:40)。ここからなだらかなアップダウンを経て玉体杉に着く。千日回峰行の苦労思いながらはるか御所を眺める。玉体杉から少し行って一登りすると横高山に着く(10:50)。さらにここをぐんと下って登り返すと水井山に 着く(11:15)。ここを一気に下り仰木峠へ(11:56)。ここを少し上がったところで昼食(12:05〜12:30)。好天で眺めよし。

昼食後、急登を登り小野山へ(670m)。もう周りを見る気力なくひたすら歩く。やっと大尾山へ(13:35)。これよりなだらかなアップダウンを経てP630通過。伊香立峠着。ここでリタイアしたい1名と足をくじいて歩きにくい人とそれに付き添う人2名、それに私で計5名がみなと別れて伊香立上在地に下る。途中離脱は好ましくないのですが、リ−ダに無理を言って許しをもらいました。離脱組は16時頃上在地集落に着きタクシーでJR堅田駅に16:20頃到着。

今回の歩行は、雨水をたっぷり吸った登山道歩きで、滑りやすいところがあまたあり、かなり神経を使う歩きでした。  (I井記)

 伊香立峠から下山される5名を見送り雨で緩んだ急登斜面を魚ノ子山目指し進む。ここにきてかなり足にきている感じがする。そしていくつかのアップダウンを経て魚の子山(552m)に着く、「あー長かった」と声があがる。山頂は展望がなく平で山頂の感じがしない。しかし山で魚の子とは変な名前と思う。ここまで来たら比叡山地の最北端に位置する縦走終点の宮メズラまであと15分の行程となる。

宮メズラ山頂は倒木の中にあり宮メズラの小さな名札が無ければ分からないような場所となっていた。「やったー、おつかれ」の握手もできないまま、タクシーを待たせているため早々の下山、しかし下山ルートは今日最大の難所でロープのある滑りやすい急坂や踏み跡の薄いルートで迷いやすい急坂となっていて、一度下山ルートを外れ迷うこともあった。

 還来神社には予定の30分遅れで無事下山できた。先に下山した5名からは堅田駅に無事に着いたとの一報も一時間前に入っている。そしてここで解散となってタクシー4台に分乗し帰路につく。皆様大変お疲れ様でした。

 

                

(―口感想)

  ◆「久々に、雪稜会の山登りに参加、一抹の不安(付いて行けるかなあ?)を    抱えて歩く。伊香立峠の分岐辺りで体力ダウン! ここより途中下山を認めて頂く! 皆様有り難うございました! ご迷惑様でした!伊香立にネムとマンジュシャゲが咲いていました。本日の歩数、36422歩と日記に記す。」  N田

◆久しぶりの長時間歩行で、梶山以北は、初めて歩くコースでした。宮メズラからのなが〜い下りに差し掛かったころ、3隼参の水が無くなり、手軽に食べられる行動食の用意も不十分だったことで、シャリバテになりました。けれど周りの皆さんに、元気を貰いながら、最後まで歩け貴重な体験となりました。今回大比叡まで、ケーブル利用のショートカットがあったからこそ、30分ほどの遅れで、下りてこられたのだと思います。SLさんの判断に拍手です。本当にお疲れ様、有り難うございました。  S藤

◆2月に下見に行ったコースを歩いたが、梅雨の合間の好天の山行は結構堪えました。歩行距離が16kmと長くて適度なアップダウンもあり、コースとしては面白かったですが暑さには参りました。 N野

 

 

 

 

 

 

 

-