<< 熱中症 | top | 荒谷 沢訓練 >>

「ぶな」7月号

2009年9月7日 裏銀座縦走 西鎌尾根にて(撮影 F)

↑クリックで拡大

巻頭言
「心躍る日々を」

 奈落の底に滑落したような気分だった。
 昨年3月、自覚症状の全く無いまま背部皮膚に悪性腫瘍が発覚し、急遽、4月1日に手術をした。若い担当医から、年齢や腫瘍の悪性度から考えると再発や転移の可能性が高いことを告知された。
 術後8日間の入院期間中は、施術した患部の痛みもさることながら精神的苦痛は相当なものだった。事実の重さに酷く憔悴し、病室の窓から見上げた陽春の青い空が、ここまで昇って来い、と呼んでいるような気がして、病床で一人、身辺雑事の整理や自らの葬儀の段取りまで考え、そして覚悟した。
 術後の5月〜7月迄、毎回1週間の加療入院を3度繰り返し、医者に言われるまま、毒のような抗癌剤の点滴と、患部へのインターフェロンの注射を行った。
 入院期間中は、図書館で借りて持ち込んだ大量の本を読み漁り、少しでも精神的苦痛から逃れようとした。その中の1冊、アラスカの極寒の地に毎年出かけて一人で幕営し、デナリにかかるオーロラを撮り続ける写真家、松本紀生の写真集「オーロラの向こうに」の中に、辛くはないのか、と問われた彼の返答、「やりたい事をやっているから、心が弾んでいた・・・毎日、心が躍っていた。」その言葉と美しい写真に深い感銘を受けた。
 あと、どれだけの余命があるかもわからないが、心躍る日々を過ごそうと病床で想った。諸縁放下、公私ともに義理の付き合いは一切止め、自分のやりたい愉しい事を想い、心躍る日々を過ごしたい。労苦を避けた悦楽主義ではなく、厳しく上機嫌に過ごしたいと想う。
 退院後、運動や食事の制限は課せられなかったので、昨夏は北ア南アに通い、幸いにも天候に恵まれて、夢のような雲上の絶景を数多く見ることができた。心が躍った幸せな夏だった。昨秋以来、岩攀りも愉しみ、今年の夏も心躍る予定で埋まり、来冬は雪山にも心が弾む。頂、峰、林、渓、谷、岩、雪、花、葉、空、星、宴、山中の全てを、感謝の念をもって愉しもうと想う。
 自らの死期を意識して日々過ごす者は少ない。親しい知人の逝去に触れた折りに、人の命のはかなさ淡さを痛惜するが、また、日々の仕事に追われ、日々の雑事に流されて、その意識は日常の中に埋没してしまう。
 術後1年と少し生き延びた今思うに、自分の死期を覚悟する、という体験ができたことは、案外、幸せなことだったのかもしれない。(T.F)


目次

巻頭言 
目次  
例会山行案内 
 沢の遡行(初級)
 三子山(一般参加可)
 夏山合宿(南ア 鳳凰三山)
 夏山合宿(北ア 黒部五郎岳他)
 猪背山 
例会山行報告
 三重ヶ嶽〜湖北武奈ヶ嶽(高島トレイル)  
 清掃登山(夫婦滝コース)   
 清掃登山(小女郎ヶ池コース)  
 夜叉ヶ池、三国岳、三周ヶ岳  
県連水質調査参加報告
寄稿特集 −西尾さん追悼−
思い出の山(A)
第4回運営委員会報告書
リーダー部便り
2010年7月予定表 


例会案内 初級沢登り〖荒谷〗比良山系


日程:7月10日(土)雨天中止
集合:事務所  7:30
コース:細川休憩所8:30 ・・・・ 荒谷出合い ・・・・・・ 遡行(荒谷) ・・・・・
 稜線11:30 ・・・・・ 釣瓶岳12:00 ・・・・・・・ 細川休憩所14:00 
装備:ヘルメット スリング(2)カラビナ(2) ハーネス 渓流シューズ 
磁石、手袋、行動食、非常食、着替え、雨具、パンスト(ヒル対策)
※ 地図・遡行図は用意します。渓流シューズは必携。
担当 H.O.I.F


記念山行例会案内 南鈴鹿・三子山

南鈴鹿の稜線歩きです 起伏に富んだ楽しい歩きです。
夏山の訓練にも最適です
7月 11日 (日)
コース
事務所7:10―鈴鹿峠〜三山子〜四方草山〜安楽越峠までの縦走
    歩行約 6時間 一般参加可です。 
集合場所と時間 事務所7:10
装備 通常の日帰り装備  かもしか荘にて入浴があります。
 雨天中止
締め切り 7月7日(水)
担当 Yまで


〈例会山行案内〉---夏山合宿---南アルプス/鳳凰三山

薬師、観音、地蔵、山上に展開する極楽浄土。鳳凰三山にはまさにそんな雰囲気が漂う。
雄大な白峰三山の眺望をほしいままにし、樹林、花、滝、そして温泉と、数多くの魅力に満ちた秀峰を楽しみましょう。

〔日程〕 平成22年7月30日(金)〜8月1日(日)
〔行程〕 (7/30) 事務所=米原IC =小牧JCT =韮崎IC =青木鉱泉(仮眠)
(7/31)青木鉱泉―――鳳凰小屋(小屋orテント泊)       
(8/1) 鳳凰小屋―地蔵岳―観音岳―薬師岳―御座石―青木鉱泉
(入浴後)青木鉱泉 = 往路を戻る(途中夕食) =事務所 
                  
〔集合〕   ;7/30(金)  22:00和邇川河川敷駐車場
〔交通手段〕; 車
〔担当〕    ;A、H
〔申込〕    ;A
〔締切〕;7月15日(水) (小屋泊・テント泊を意思表示して下さい)
     但し、小屋泊希望者は出来るだけ早く申込して下さい。満員で予約が取れなくなる事もあります。 現在参加申込者6名は小屋泊予定です。(予約済)

・体力☆☆ 岩稜★
・装備については後日案内します。(小屋泊装備・テント泊装備)
・荒天時中止判断は前日参加者に連絡します。


(例会山行案内)
8月7日(土)〜11日(水)夏山合宿 北アルプス 


薬師岳・黒部五郎岳の縦走はすばらしい山岳展望や壮大な花畑が楽しめるコースでダイヤモンドコースと呼ばれています。最深部に位置する秘境「雲の平」を周遊して大自然を満喫しませんか。
4泊5日の長期コースですがこの機会にぜひ参加して下さい。

8月7日 事務所=北陸道立山IC=有峰林道=折立―太郎平小屋(泊)
      歩   4時間20分
8月8日 太郎平小屋―北ノ俣岳―中俣乗越―黒部五郎岳―黒部五郎小屋(泊)
      歩   6時間40分     
8月9日 黒部五郎小屋―三俣山荘―雲の平(日本庭園・スイス庭園)―雲の平山荘 
      歩   6時間00分 
8月10日 雲の平山荘―雲の平(ギリシャ庭園・アラスカ庭園)―薬師沢小屋―太郎平小屋       歩   5時間30分

8月11日 太郎平小屋―薬師平―薬師岳―薬師平―太郎平小屋―折立=有峰林道=北陸道立山IC=事務所(21時着)
      歩   7時間40分

小屋15時着の余裕のある計画を組んでいます。小屋周辺は見所が多くゆっくりと景
観が楽しめると思います。山小屋・テント泊の選択が可能ですが、準備の都合があ
りますので申込はお早めにお願いします。 下山後入浴します。

荒天予報の場合中止します。
〔申込先〕 :H
[締切日] 7月20日(締切日を早めました)


〈30周年記念山行〉 2010年8月8日(日) 猪背山

北アルプス合宿の裏企画として、地元の里山をゆったりと歩きます。
記念山行として、一般の参加も可能です。

体力レベル:初級(徒歩4時間)、技術レベル:初級
集合:事務所 午前8時
担当:I、S
申し込み先:I
締め切り:8月6日(金)


<例会山行報告>

 →三重嶽〜湖北武奈ヶ嶽(高島トレイル)

 →第38回清掃登山

 →夜叉ヶ池、三国岳、三周ヶ岳

県連水質調査参加報告


思い出の山

 →飯盛山











comments(0)